イケメンYouTuberグループ「真夜中の12時」のメンバー・相馬理が、人気FPSゲームレインボーシックス シージ」の新サービス「SQUADFINDER(スクワッドファインダー)」のトレーラーに出演することが決定。相馬が撮影などについて語った。

【写真を見る】インパクトのある赤髪など、新たなキャラに挑戦!

「SQUADFINDER」は、「レインボーシックス シージ」を一緒にプレイする仲間を言語、プレースタイルなどから選んでプレーできるようになる、ユービーアイソフトの新サービス。自分の実力に見合った仲間を見つけることができ、その後一緒にゲームプレーすることができる。

トレーラーで相馬が演じたのは、ゲームの腕前はダメダメにもかかわらず、“俺は最強”と調子に乗っている「レインボーシックス シージプレーヤー

ゲーム界隈では「確かにこんな人いそう…」「こんな人とチーム組んだら最悪…」と言われそうなダメキャラを演じ、「このサービスを使わないと、こんな人と同じチームになってしまうよ」という本サービスの必要性を伝えていく。

日本で撮影された相馬の出演シーンの監督は、映画「想影」(2016年)やサウンドシネマ「深海くんと月影ちゃん」(YouTubeの公式チャンネルで公開)の加藤慶吾、撮影は島田貴仁が担当している。

また、真夜中の12時オンラインストアでは、オリジナルグッズの第1弾即日完売を受け、第2弾新アイテム8月28日(金)夜6時から販売予約をスタート

日常にも取り入れやすいファッショナブルなデザインテーマに、Tシャツ、トートバッグ、ポーチ、アクリルキーホルダー、ステッカースマートフォンケースの全6グッズを展開している。

■ 相馬理コメント

今回かなりお調子者の役で、くせのある喋り口調に少し苦労しましたが、よく笑うところは僕とも共通していてインパクトのある赤髪など、新たなキャラへのチャレンジを楽しみながら演じることができました。

メイクさんと真っ赤になりながら髪の毛スプレーして、家に帰ってから顔を拭くたび真っ赤になったのもいい思い出です!

オンライン上で出会った人たちに協力してもらえるので、シージプレイヤーの方々にはぜひこのサービスを活用して、より日々のプレイを楽しんでいただけたらうれしいです!

僕も今回のトレーラーへの出演を機に、本作に挑戦してみたいと思います!(ザテレビジョン

ゲーム「レインボーシックス シージ」の新サービス「SQUADFINDER」のトレーラーに出演することになった、イケメンYouTuberグループ「真夜中の12時」の相馬理