ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

NHKから国民を守る党 立花孝志氏

NHKから国民を守る党の党首である立花孝志氏が昨日23時半頃に次のような投稿を行った。

その内容は「最近NHKから国民を守る党の支持が下がっている原因の1つが、インターネット上での誹謗中傷の放置である事に気づきました。これからは誹謗中傷に対して、毅然と法的措置をとっていきます。批判や意見はよいですが、誹謗中傷【根拠の無い悪口や悪質なデマ】に対しては徹底的な対応をします」としており、NHKから国民を守る党の支持率の低下はインターネット上の誹謗中傷の放置が原因としている。

またこのような放置してた誹謗中傷に対して法的措置をとっていくとしている。

ここ数日、立花孝志氏はネット上の誹謗中傷の相手を特定する作業を行っており名誉毀損の訴訟を起こすとしているほか、似たようにネット上で誹謗中傷された方が犯人を特定するための事務手続きを無料で行うとしている。

ただTwitterでは「これとNHKをぶっ壊すのと何が関係あんの?」、「とりあえず早くNHKなんとかしてほしい」、「オカマ発言は…」、「それは税金ですか?」、「素晴らしい‼︎これは素晴らしい!」、「立花さんかっこ良すぎるー」というリプライが飛び交っている。

ただNHKから国民を守る党の議員の中には日々誹謗中傷を行っているネット配信者がおり、自らこの訴訟のターゲットにならないかと心配である。

NHKから国民を守る党 立花孝志氏