上自衛隊練習艦隊の旗艦「かしま」の柏原艦長 海上自衛隊練習艦隊の旗艦「かしま」が2011年6月15日(現地時間)から3日間、シアトル港に寄港した。同港に自衛隊艦が寄港するのは35年ぶりだという。ニコニコ生放送では6月25日、『かしま来たる!海上自衛隊練習艦シアトル訪問』を放送。「かしま」の柏原艦長へのインタビューの模様を伝えた。柏原艦長は、東日本大震災の際の海上自衛隊アメリカ軍による救援活動「オペレーション・トモダチ」について、「何の違和感も混乱もなくスムーズにいった」と語った。

 柏原艦長は「かしま」の果たす役割について「練習艦なので、護衛艦とは違う作りになっている」と言い、「税金を使ってこれだけ施設を使い、かつ(自衛隊の)後輩を育てることをミッションとする船なので責任は重たい」と説明する。

 東日本大震災の際、アメリカ軍は「オペレーション・トモダチ」として海上自衛隊と共に救援作戦を行っているが、その点について柏原艦長は「自衛隊は5年前に(陸・海・空を一括して指揮する)統合運用になったが、陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊が協力するはるか前から海上自衛隊アメリカ海軍はオペレーションを一緒にやってきた。そのため、何も違和感も混乱もなく、『オペレーション・トモダチ』は非常にスムーズにいった」と語った。

 また、ニコニコ動画ユーザーの大多数を占める20代の若者に対し、「今回日本は未曾有の大災害にあったが、決してへこたれていない。日本とアメリカの関係は非常に緊密だと改めて確認できた。この友情関係を若い人たちに繋いでいってほしい。実習幹部にも一番大事なのは、いろんな国の人のことを友達になることと言っている。お互いを知ること。フレンドシップが大事」とメッセージを贈った。

(板井二郎)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「オペレーション・トモダチ」に関する部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv53970839?po=news&ref=news#53:58

上自衛隊練習艦隊の旗艦「かしま」の柏原艦長