プロ野球の巨人とロッテ2020年9月7日、球団公式サイトを通じて巨人・澤村拓一投手(32)とロッテ香月一也内野手(24)の交換トレードが成立したことを発表した。セ・リーグ首位を快走する巨人と、パ・リーグの優勝争いを演じるロッテの両球団の補強ポイントが合致した。

シーズンの巨人は楽天と2件のトレードを成立させており、今回が3件目のトレードとなる。

澤村の今季は制球難で3軍落ちも経験

衝撃のトレードだ。巨人のドラ1生え抜き投手とロッテの若きスラッガーの交換トレードが成立した。

澤村は今シーズン、制球難に苦しみ13試合に登板し防御率6.08と低迷が続いた。7月25日には急きょ先発のマウンドを任されたが3回3分の1、4安打2失点で降板した。翌日26日に出場選手登録を抹消され2軍に合流。その後は3軍落ちを命じられるなど不振にあえいでいた。

シーズン原辰徳監督(62)は積極的にトレードでの補強を行っている。シーズン開幕直後の6月25日には、巨人・池田駿投手(27)と楽天・ゼラス・ウィーラー内野手(33)の交換トレードを成立させ、7月14日には巨人・高田萌生投手(22)と楽天・高梨雄平投手(28)を交換トレード。野手、投手を補強し、今回のトレード第3弾では若い左打者の獲得に成功した。

シーズン新型コロナウイルスの影響で渡航などの問題から、海外から選手を補強するのが難しい状況にある。シーズン途中に選手を補強する手段として必然的にトレードが多くなるとみられていた。そのなかで最も積極的に動き、成果を出しているのが原巨人だ。ウィーラー、高梨は即戦力として機能しており、今回の香月は将来性を見込んでの獲得とみられる。

「選手は首脳陣の『本気度』を肌で感じます」

セ・リーグ出身の球界OBは、原監督の補強戦略について次のように語った。

「原監督は補強のタイミングがいい。選手はチームの補強に関して敏感に反応します。今回のように立て続けにトレードを行えば、選手は首脳陣の『本気度』を肌で感じます。チーム内にもいい意味での緊張感が生まれます。現在の巨人を見ているとトレードでの補強がいい方向に動いている。今シーズンは特別ルールでトレード期限がまだ残っていますし、ペナントレースの展開によっては巨人が動く可能性はあると思います。次に獲得に動くならば先発投手でしょう」

レギュラーシーズンが中盤に入り、巨人は2位阪神、3位DeNAに7.5ゲーム差をつけて首位を走っている。補強すべきポイントをトレードで補い首位固めに入った原巨人。リーグ連覇、そして日本一へ向けてさらなる補強はあるのか。今後の展開が注目される。

画像はイメージ