任天堂は、コーエーテクモゲームスが開発するアクションゲームゼルダ無双 厄災の黙示録発表した。2020年11月20日に配信を予定。9月11日から予約開始が予定されている。また、アイテム付き限定版「TREASURE BOX」も同時発売予定だ。すでにダウンロード版のページも開設されている。価格は7920円。

 2017年に発売されたゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(以下、ブレス オブ ザ ワイルド)のストーリーより100年前、かつてリンクや4人の英傑らが活躍した「大厄災」の時代を舞台にした新たな『ゼルダ無双』だ。

 タイトルから『ゼルダ無双』の続編とも取れるが、グラフィックは『ブレス オブ ザ ワイルド』のセルシェーディング調に一新された。リンクとゼルダに加え、ミファーリーバルといった種族を代表する英傑たちや、巨大な神獣なども登場。『ブレス オブ ザ ワイルド』の前日譚が描かれる。

 リンク以外にも4人の英傑やゼルダ姫も操作可能。『ブレス オブ ザ ワイルド』では過去の人であったキャラクターアクションが楽しめる。シーカーストーンを使った「リモコンバクダン」や「ビタロック」などのお馴染みのシステムキャラクター固有の能力として登場。強大な敵に立ち向かう。

 開発のきっかけとなったのは『ゼルダの伝説』総合プロデューサー青沼英二氏が、ゼルダ姫やリンクらハイラル王国と厄災ガノンとの戦いは、大群が描ける『無双』の遊びがふさわしいとコーエーテクモに打診したことだったという。

 『ブレス オブ ザ ワイルド』では描かれなかった大戦争も、『無双』シリーズなら描けるということなのだろう。多数のモンスターガーディアン、強力な英傑達のアクションなど、『無双』ならではの大戦争が描かれそうだ。

(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)

 『ブレス オブ ザ ワイルド』では断片的に語られ、謎に包まれていた100年前の「代災厄」の時代を描く『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は、9月11日予約開始予定だ。

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros