環境はどんどん変えたほうがいい?

 巨人からロッテにトレードされた沢村拓一投手(32)が移籍翌日、新天地でド派手にデビューした。8日、日本ハム戦で1点リードの6回に移籍後初登板。「巨人からトレードされた仲間」の大田泰示外野手(30)を含む3人を連続空振り三振にとった。いきなり1軍の勝ちゲームで起用され、借りたユニホーム106」で結果を出した右腕は「ホッとしました」。本拠地ZOZOマリンスタジアムスタンディングオベーションが発生し、割れんばかりの拍手で歓迎を受けた。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

 巨人では結果を出せず、つい最近まで屈辱の3軍落ちともがいていただけに、人生なにが起こるかわからない。今季推定年俸1億5400万円の巨人ドラフト1位新人王と、650万円のロッテ香月一也内野手(24)の「格差トレード」発表は衝撃だった。持ち前の球威で16年最多セーブなどのタイトルを獲得した沢村だが、制球難を克服できないまま、近年はトレード要員としてメディアでは噂(うわさ)されていた。

 良い意味で悪い意味でも目立つ存在だった。10年ドラフト会議前に「巨人以外ならメジャー」と発言し、事実上の「逆指名」で入団。新人王を獲得した11年オフ、日本テレビ森麻季アナウンサーと結婚したが、約1年半でスピード離婚。12年には車の運転中に人身事故、14年と19年には飲酒して一般男性に暴行トラブルを起こした。17年には右肩痛の理由が球団トレーナーのハリ治療によるものと主張し、球団幹部が謝罪する事態に発展。球団内でどんどん肩身がせまくなっていただけに、心機一転のトレードが復活のきっかけになるかもしれない。

 巨人では、今シーズン3例目のトレード。6月29日中継ぎ左腕の池田駿投手(27)を放出し、楽天を干されていた強打のウィーラー内野手(33)を獲得。7月15日には高田萌生投手(22)と楽天高梨雄平投手(28)の交換トレードを成立させた。楽天で出番のなかったウィーラーと高梨は、移籍後に巨人の欠かせない1軍戦力として活躍している。

 巨人大塚球団副代表は「ジャイアンツは昔、トレードに出した選手が活躍されたら困ると、飼い殺ししていた。原監督と私は生かす道があるならどんどん探してあげたいと思っている」と発言。トレードしたドラフト1位大田が日本ハムブレークしたのも、移籍の活性化によるもの。ドラ1、新人王といった肩書より、沢村の現状を打破させるべく、移籍先を探し、環境を変えた。

 制球難、ドラ1、剛腕という同じキーワードでいえば、阪神藤浪もトレード候補として名前がたびたび挙がる。他球団で、結果を出せずに苦しんでいる生え抜き選手は多い。「飼い殺し」をやめ、トレード積極活用で補強を進める巨人が、首位を独走しているのは偶然だろうか。「飼い殺し」を恐れてはいけない。

・今すぐ読みたい→
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijiohta-quality/


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ロッテ・沢村が鮮烈デビュー 「飼い殺し」をやめた巨人が首位を独走しているのは偶然なのか