9月11日に開催されたUbisoftゲーム発表イベントUbisoft Forward」にて、プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク正式発表された。対応プラットフォームはPlayStation 4Xbox One、PC。2021年1月21日発売予定だ。1989年に発売されたオリジナルの『プリンス オブ ペルシャ』も収録される。

 予約特典として主人公プリンスの原作の衣装や武器、懐かしいPlayStation 2時代のグラフィックに変更するフィルターなどが付いてくる。

 『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク』は、2003年PS2などで発売されたプリンス オブ ペルシャ 時間の砂』を、アサシン クリード』シリーズで使用されているAnvilエンジンで作り直したリメイクだ。

 オリジナルの『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂』は、プリンスオブペルシャ 3D』に次ぐ3D版『プリンス オブ ペルシャ』2作目に当たる。壁を走り柱を登り、危険な罠を回避しながら先に進む危険なパルクールアクションと、囲まれるとかなり危険で手強いモンスターとの戦いが繰り広げられる。

 高い難度を誇るゲームだが、「時間の砂」の力による時間操作がゲームの面白さを強化している。たとえば操作をミスして落下死した場合、すぐにゲームオーバーにはならず時間を巻き戻してやり直すことができる。
 また戦闘では、多数の敵に囲まれたときに時間の流れを遅くして有利に進めたりと、あらゆる場面で時間操作が重要な鍵を握る。

 ただ難しいだけでなく、時間の砂を使ったアクションは高い評価を得た。その後、「時間の砂3部作」として同じ主人公と世界設定を持った3D版『プリンス オブ ペルシャ』がリリースされ、同じく時の砂を巡る戦いが描かれたプリンス オブ ペルシャ 忘却の砂』も発売された。

 『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク』は、高い評価を受けたオリジナルから、新たな戦闘システムパズル、時間の流れの操作だけでなく、デザインカメラ操作、カットシーンなど、あらゆる部分を現代の基準に合わせて変更しているという。

(画像はUbi Blogより)
(画像はUbi Blogより)

 『プリンス オブ ペルシャ 忘却の砂』を最後に3D版『プリンス オブ ペルシャ』の新作は途絶えていた。遺伝子は『アサシンクリード』に引き継がれたとはいえ、筆者のように続編を待ち望んでいた方も少なくないのではないだろうか。

 このリメイクが新世代の『プリンス オブ ペルシャ』の幕開けになることを祈りつつ、ゲームの発売を待ちたい。

公式ブログ「Ubiblog」はこちら

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros