イギリスが主催する多国間共同訓練「ジョイント・ウォリアー」を前に、アメリカ海兵隊F-35Bが10機、イギリス東部にあるマーラム空軍基地に到着しました。10機のF-35Bは共同訓練期間中、イギリス空軍第617飛行隊のF-35Bとともに、イギリス海軍の空母クイーンエリザベスで運用される予定です。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 多国間共同訓練「ジョイント・ウォリアー」は、毎年秋にイギリスが主催して実施される多国籍共同訓練。NATO加盟国を中心とした14か国が、2週間の日程で空挺作戦や上陸(水陸両用)作戦など、複合的なシナリオで訓練を行います。

 イギリスへやってきたのは、アリゾナ州ユマ海兵隊航空基地のVMFA-211アメリカ大陸を横断し、さらに大西洋を越えてマーラム空軍基地に到着したのは、もう夕暮れ時でした。


 アメリカF-35Bを迎えたマーラム空軍基地司令官、ジム・ベック大佐は「初のマーラム基地訪問となったVMFA-211の皆さんを歓迎するとともに、これから一緒に空母クイーンエリザベスで任務に当たることを楽しみにしています」とのコメントを発表しています。


 これに先立つ8月下旬、欧州アフリカ海兵隊司令官のスティーブン・ニアリー少将は、ポーツマス港の空母クイーンエリザベスを訪問。VMFA-211がお世話になる艦の様子を視察し、ともに活動するイギリス海兵隊総司令官マット・ホルムズ少将と懇談しています。

 ニアリー少将は「今度の展開は、アメリカ海兵隊があらゆる場所で活動している、ということを如実に示すものです。アメリカ海兵隊イギリス海軍イギリス海兵隊と長年にわたって特別な関係を築いてきており、空母クイーンエリザベスでの活動は、その関係をさらに発展させる機会となるでしょう」とコメントし、イギリスF-35Bとともに空母クイーンエリザベスでの任務に期待を寄せています。

 イギリスに到着したアメリカ海兵隊パイロットらは、まず空母クイーンエリザベス新型コロナウイルスを持ち込まないため、基地外部との接触を断った状態で連日検査を受けます。同時に基地周辺空域の状況に習熟するため、イギリス空軍第617飛行隊とともに飛行訓練を実施。

 訓練飛行を消化すると、空母クイーンエリザベスでの運用資格試験に向けての訓練が始まります。異なる土地、異なる艦船での環境に適応してから「ジョイント・ウォリアー」に参加する必要があるため、準備期間が長く設定されているのです。

 第617飛行隊とVMFA-211は、9月下旬から始まる共同訓練「ジョイント・ウォリアー」終了後にマーラム空軍基地に帰還し、引き続き共同訓練「クリムゾン・ウォリアー」に参加予定。このほかにも北海上空を舞台にアメリカイギリスオランダ3か国の空軍部隊が参加して実施される共同訓練「ポイントブランク」にも参加するなど、忙しい秋を過ごします。

<出典・引用>
イギリス海軍 ニュースリリース
アメリカ海兵隊 ニュースリリース
アメリカ空軍 ニュースリリース
ImageCrown CopyrightUSAF/USMC

(咲村珠樹)

アメリカ海兵隊F-35Bがイギリスに展開 空母クイーン・エリザベスで運用予定