森崎ウィン高城れにダブル主演を務める、よるドラ「彼女が成仏できない理由」(毎週土曜夜11:30-0:00、NHK総合)が9月12日スタートする。

【写真を見る】“胸キュン”間違いなし!エーミンと玲の共同生活がスタート!

同作は、ミャンマーからの留学生・エーミン(森崎)と、アパートに住み着いた幽霊の玲(高城)が共同生活を通じて互いに引かれ合うラブコメディー。

ミャンマー出身の森崎は、日本の漫画を敬愛する漫画家志望のミャンマーからの留学生・エーミンを、高城はエーミンの部屋に住み着いている幽霊・玲を演じる。

さまざまな映画やドラマ、舞台で活躍する森崎とアイドルももいろクローバーZとして活躍する高城だが、2人ともNHKでの連続ドラマ初主演で、プレッシャーも感じていたという。WEBテレビジョンは、そんな2人にインタビューを行い、お互いの印象や撮影期間を通じて感じたことなどを聞いた。

森崎ウィン高城れにインタビュー

――作品のオファーを受けた際の感想や、脚本を読んだ時の印象を教えてください。

森崎:お話を頂いた当初から、オリジナル脚本で挑戦的なことをやるというお話を聞いており、どのような作品になるのだろうと楽しみでした。

その中で、僕が演じるエーミンという役は当初はミャンマーからの留学生という役ではなかったんです。プロデューサーさんをはじめスタッフの方々が、お話をしていく中で、僕をキャスティングしてくださったときに、ミャンマー人という設定となったと聞きました。日本の作品でミャンマーの留学生が主役の物語をミャンマーで生まれた僕が演じるということはとても光栄だと思いましたし、うれしいことだなと感じました。

台本を読ませていただいてからは、純粋に面白いなと思いました。でも、読んでいく中で、これはミャンマーを代表する役なのかもしれないとプレッシャーを感じました。初めての感覚で、やる気がみなぎったという言葉では表現できないくらい、自分の中で湧き上がるものがありました。

高城:初めてこのドラマのお話を頂いた時は、今年で一番と言っていいほどの大声をあげて喜んで、自宅で注意されたのを覚えています。幽霊を演じると聞いたときは、私はちょっと霊感があって、不思議な体験を経験したこともあるので、自分が演じることで幽霊のことをもっともっと知れたらなと興味がすごく湧きました。

幽霊は、私たちが普通にできることができなかったり、触れるものが触れなかったりしますが、私たちはそういう気持ちが分からないですよね。それをどう理解していくのかこのドラマの課題だなと台本を読んだときに感じました。

森崎ウィン「恐怖や緊張感があることは、すごくいいことだと思っています」

――お二人とも、NHKでのドラマ初主演ということで、プレッシャーも感じられたかと思いますが、そのプレッシャーから解放された瞬間はあるのでしょうか。

森崎:普通に考えて、NHKの“よるドラ”の主演ですよ?怖くないと言ったらうそになりますよ(笑)。今回はスタッフの皆さんの熱量に答えられるのだろうかというプレッシャーや、ミャンマー人を演じる上での不安がありました。

でも、僕にとっては恐怖や緊張感があることは、すごくいいことだと思っています。作品と向き合うときや新しいことをする時は、自分に対する期待や超えたいラインがありますし、演じることが好きだからこそ、いいものを作りたいという思いもあるので、毎回プレッシャーを感じるんです。この作品のお話を頂いたときも、良い作品にしたいという思いから自分自身にプレッシャーをかけながら演じていました。

その中で監督さんから「理屈で考えなくてもいい瞬間ってあるんじゃないかな?」と言っていただけたときに、「僕は考え過ぎていたのかもしれない」と救われました。そして今、クランクアップして一息ついたときに振り返ると、エーミンを演じられた時間は本当に幸せだったんだなと感じています。

高城:私は、お芝居の経験があまりないのでプレッシャーに思うこともたくさんありましたが、一番感じていたのは、演じる玲ちゃんのことが分かってあげられるかな?ということです。

でも、森崎さんや周りのスタッフさんと話していく中で、皆さんもプレッシャーや、不安な思いを抱えていらっしゃるということを知って、それを乗り越えて素晴らしいものを作ってらっしゃるのに、私だけこんなもやもやした気持ちのままではダメだと思い、誰よりも私が玲ちゃんのことを愛してあげなきゃ!という思いになりました。

撮影の日々は、とても勉強になりました。お芝居をすることってこんなに楽しいんだ、誰かを演じることってこんなに素晴らしいことなんだというのをこの作品で感じることができました。なので、先ほど森崎さんもおっしゃっていたのですが、撮影期間は本当に幸せな時間だったんだなと感じていますし、これからもこんな幸せな機会があればいいなと思いました。

高城れに「森崎さんがリードしてくださって…」

――共演される前のお互いの印象と、実際に共演されてみて変化はありましたか?

森崎:ももクロさんスーパーアイドルで、同じ事務所なので、事務所を代表する方の一人だなと思っていました。ももクロさんのおかげで、事務所の知名度も上がりましたし…(笑)。お会いするまでは勝手に感謝していました。

高城:何を言ってるんですか!(笑) そんなこと言わないでくださいよ!(笑)

森崎:今回ご一緒することが決まったときも、スーパーアイドルですから、どうやってコミュニケーションを取っていこうかと思っていました。でも、高城さんは初日のリモートでのミーティングの時から、壁を作らずに、歩み寄ってくださった印象です。今回はラブコメなので、作品のためにこんなにしっかりとコミュニケーションをとってくださって、純粋にすてきな人柄の方だなという印象です。ももクロさんはやはり雲の上の人だったので…。

高城:ちょっと本当にやめてくださいよ!(笑)

森崎:今はそんなふうに思ってないよ!(笑) でも最初はやっぱりスーパーアイドルですし、女性の方ですし、どうコミュニケーションをとろうかな?と思っていたので…。気さくに接してくださる方だなと思いました。

高城:ちょっと…褒め合いみたいな感じになるのも嫌ですけど、それはこちらのせりふなんですよ!(笑)

森崎さんは先輩ですし、アイドル活動もされていたり、お芝居もされていたり、何もかもが私にとっては雲の上の存在。私もお芝居の現場は不慣れなので、最初はどうしたらいいのかな?現場の雰囲気とかはどうなのかな?と不安に思っていたのですが、そこはやっぱり、森崎さんがリードしてくださって…。

名古屋での撮影初日の時に、森崎さんが私に「大丈夫?」って話し掛けてくださって、「私、実は怖いんです」って不安な気持ちを伝えたんです。そしたら森崎さんも「僕も怖いとか思う事もあるから、みんな一緒だから頑張ろうね」と言ってくださって。撮影の途中も気にかけてくださって、本当に救われました。私より年上で、先輩で、しっかりしてらっしゃるところもあるのですが…でも、その一方で“5歳児”なんですよね(笑)。暇さえあればスタッフの方たちにちょっかいだしたりして…(笑)

森崎:これはちゃんと釈明させてください。新型コロナウイルスの影響で、撮影開始が遅れてしまったんですね。それで、ドラマのお話を頂いてからスタッフの方たちとお会いできるまでに期間が空いてしまって…。そして、自粛期間が明けて現場に入れた時に、幸せな気持ちが湧いてきて、みんなと絡みたい!ってなってしまい…。今までたまっていた感情を皆さんにぶつけたという感じです(笑)

高城:撮影期間中に森崎さんが出演してらっしゃる映画がテレビで放送されていて、テレビで見る印象と、実際にお会いしたときとギャップがすごいなと共演して感じました。

森崎ウィン「素直に信じていいんだという気持ちになりました」

――ご自身が演じている役の魅力や、お互いの役の好きなところを教えてください。

森崎:エーミンは、とても純粋な青年なんです。物事に対して色眼鏡を掛けずに見ていたりとか、言葉を素直にそのまま受け取ったりとか。なので、エーミンを演じているときは、全てのことを素直に信じていいんだという気持ちになりました。そこがエーミンの強みであり、ちょっとした弱みでもあり、僕自身がエーミンのリスペクトできるところです。

玲ちゃんの好きなところは、幽霊なのですが、ふとした表情が非常に人間味あふれていて、演じていて目にどんどん吸い込まれるような感覚になりました。

高城:玲ちゃんは、生前と幽霊になってからは違う性格だなと演じていて感じました。生前の玲ちゃんは、正直で好きなことに対して、真っすぐなエネルギーを持っている人で、自分のことより人を優先してしまったり、人の心ない言葉を真っすぐに受け止めてしまうそんな素直な女の子でした。

でも、幽霊になってからは生前のトラウマから自分を素直に表現できなかったり、あまのじゃくな態度をとってしまったりするところがあって、そういうところは私に似ているなと思いました。

そんな玲ちゃんに対し、エーミンは森崎さんがおっしゃったように、真っすぐで純粋で、優しい心を持っています。そんなエーミンに助けられて玲ちゃんのあまのじゃくさがどのように変わっていくかも、このドラマの見どころかな?と思います。私自身、エーミンの素直なところが好きですし、玲ちゃんも支えられているのではないでしょうか。

高城れに「出会う人で自分は変われるんだよ」

――お二人が思うこのドラマの魅力はどこにあると考えますか?

森崎: この作品はラブコメなのですが、“幽霊と人間の距離感”がこの新型コロナウイルスの影響で、触れたくても触れられない、会いたくても会えないという状況の今の僕たちの距離感と似ているのではないかというお話があり、撮影に入ったときに監督さんから「ただのラブコメじゃなくなったね」という言葉を頂きました。

ファンタジーなので、一見共感できる部分のないような作品にも感じられるのですが、自粛期間を経て、視聴者の方々にも「私たちが今経験していることに似ているのではないか」と共感していただける部分もあるのではないかと思います。

この作品を今伝えられるのは本当に「やるべくして作られた作品」だなと、とても縁を感じています。キュートな作品ですし、キュンとなる瞬間も多くあると思うのですが、それ以外にも考えさせられるような場面もたくさんありますので、たくさんの方に見ていただけるとうれしいです。

高城:私も森崎さんと同じで、新型コロナウイルスの影響で当たり前のことができなかったり、会いたい人に会えない、触りたいものに触れないという苦悩が、エーミンに恋する玲ちゃんの姿と似ている部分もあって、共感していただけるのではないかなと思います。

また、生きていくことってすごく大変だけれど、すごく幸せで楽しいことなんだよっていうこととか、出会う人で自分は変われるんだよ、だから自分も誰かにいい影響を与えられる人になりたいなという気持ちになることができるドラマでもあります。この大変な時期に、視聴者の方々が抱える不安や苦労などが、少しでも晴れるような最終回になっていると思うので、たくさんの方々に見ていただければなと思います。

■ 第1話あらすじ

幼い頃から日本の漫画に憧れていたミャンマー人のエーミン(森崎)は、漫画コンクールに入選し、賞金50万円を持って1年間、名古屋の漫画学校に留学することに。

住む部屋を探すが、どれも想像を超える金額。そんな中、超割安な物件を見つけ、不動産屋の説明もそこそこに契約。コンビニバイトに精を出しながらも、想像していた日本のイメージとのギャップに悩むエーミン。帰宅した部屋で目にしたのは、色白で黒髪の幽霊・玲(高城)の姿だった。

その部屋は“ワケあり”の物件であり、慌てて飛び出すエーミンだったが、大家から「幽霊を追い出してくれたら家賃タダにする」と言われ恐怖におののきながらも、その幽霊を成仏させるため“共同生活”を始める。(ザテレビジョン

森崎ウィン&高城れにW主演!「彼女が成仏できない理由」が放送スタート!