自民党安倍晋三総裁の後継を決める自民党総裁選2020年9月14日投開票)で菅義偉官房長官(71歳)が新総裁に選ばれたことを受け、日本のツイッター上でも菅氏に関する投稿が相次いでいる。

一方、「#スガはやめろ」というワードも日本のツイッターのトレンドに入っているが、「まだなんもしてないじゃん」「気が早すぎる」とツッコミが相次いでいる。

「令和おじさん」「ガースー黒光り内閣」もトレンドに

菅氏は13日午後に行われた総裁選で377票を獲得。同じく立候補した石破茂氏の68票、岸田文雄氏の89票を大きく引き離す形で、安倍総裁の後継に選ばれた。菅氏は16日の臨時国会で新首相に指名される見込み。

菅氏は選出後のスピーチで「新型コロナウイルスが拡大をするという国難にあって、政治の空白は許されません。この危機を乗り越えて、国民の皆さん一人一人が安心をして、安定をした生活をすることができるように、安倍総理が進めてきた取り組みを継承し、進めていかなければなりません」と意気込みを語った。

新総裁の決定を受け、ツイッター上でも菅氏に関する投稿が相次いだ。17時台の日本のツイッタートレンドには「自民党新総裁」「菅新総裁」といったワードのほか、愛称として知られる「令和おじさん」が入っている。また、「ガースー黒光り内閣」という奇天烈なものも。これは、お笑い番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年末特番「笑ってはいけないシリーズ」で恒例となってきた、日本テレビプロデューサー・菅賢治氏の姓をもじった舞台名「ガースー黒光り〇〇」(〇〇には舞台名が入る)にちなんだものとみられる。

2日前には「#スガやめろ」がトレンドに

一方で、トレンドには「#スガはやめろ」も入っている。新総裁決定から間もない16時台後半からトレンド10位以内にランクインしたもので、ツイッター上では菅氏の新総裁、また確実視される首相就任を批判するツイートに、このハッシュタグをつけている例が多く見られるようだ。

ただ、菅氏がまだ何も職務をこなしていない段階での「やめろツイートには、「まだなんもしてないじゃんw」「(批判するなら)せめてまだ仕事っぷりを見てからがいいと思うんですが...」「気が早すぎる」とツッコミが相次いでいる。

なお、まだ菅氏の総裁就任が決まってすらいない9月12日にも、日本のツイッターでは「#スガやめろ」がトレンド入りしていた。

まだ何もしていないのに…「#スガはやめろ」がツイッタートレンドに(2020年9月2日撮影)