Rカップの大きさで車椅子生活に

胸が大きいことは多くの人の憧れの対象だが、当事者からは「いい下着がない」「変な人ばかり寄って来る」といったお悩みのほか、「肩や腰が痛い」といった苦しみの声もある。

今回の女性も、そんな大きな胸のせいで、体に重い障害が残ってしまったという。

この苦しみを抱えているのは、イギリス中心部ヌニートン在住のデビー・ホートンさん(26)。英紙「The sun」の取材によると、彼女の胸はRカップにまで成長し、その重さから背骨が湾曲してしまったのだという。

その体積は、なんと42リットル。今では立つこともままならず、強い痛みから車椅子生活になってしまっている。

それまではトライアスロンを完走するほどの健康な女性で、胸も普通サイズだったというが、2016年から体に異常をきたし始めたという。当時彼女はスーパーマーケットで働いていたというが、何かを拾おうとかがんだ際、いきなり背中を痛めてしまったという。

病院で検査を受けたところ、背骨が曲がっていることが発覚。ホートンさんはこのことについて「生まれつきのものかもしれないと言われましたが、それは確かではない」と付け加えている。

その後、仕事を2ヶ月に渡って休まざるを得なくなり、それからは痛みと切り離せない生活が続いているという。これまでに、乳房切除や椎間板切除など3回の手術を受けたというが、症状はあまり良くなっていない。

こうした辛い生活にも関わらず、幸いにも、10年来の恋人であるリーさんが彼女を支え続けてくれている。彼に対しホートンさんは強く感謝しており、

「彼はカウンセラーとして働いているのに、家に帰って私の世話をしているため、休むこともできない。なのに、普通の生活ができる誰かを探して欲しいと言っても、彼は”大丈夫だ”と言ってくれるのです。素晴らしい人です。
 

私は彼の助けを得られてとても幸運です。」

と語っていた。

ホートンさんが、1日でも早く明るい生活を取り戻せるように祈るばかりだ。

 

参照元:The sunTwitter

【知られざる苦しみ】胸が大きすぎて重さで背骨が曲がってしまった女性、車椅子生活に