カーサッカーゲームロケットリーグを開発するPsyonixは、太平洋夏時間の9月23日(水)午前9時から本作を基本無料プレイ化することを発表した(公式サイト)。

 9月23日からは、Nintendo Switch版とPlayStation 4版で「Nintendo Switch Online」と「PlayStation Plus」に加入しなくても無料でマルチプレイモードが楽しめるようになる。また、PC版Steamでの販売を終了し、Epic Gamesストアで基本無料ゲームとして再リリースされる(参考記事)。

 9月23日から10月23日(金)までにEpic Gamesストアで『ロケットリーグ』をライブラリに登録すると、Sun Ray Boost「Hot Rocks Trail」からなるふたつのゲームアイテムと、Epic Games Storeで販売されている14.99ドル以上のゲームに適用できる10ドルオフクーポンが配布される。一方、Steamプレイし続けたいという方は、9月23日までにゲームを購入すればそれ以降もEpic Games Storeと同じアップデートが提供され続ける。

 『ロケットリーグ』は、車同士でサッカーをするスポーツゲームだ。ロケットブースターの付いたレースカーでボールを追いかけ、相手のゴールに叩き込む。2015年リリースされ、世界大会が開かれるなどeスポーツとしても5年間好評を博してきた上で、5周年となる2020年Psyonixは大型アップデートとして基本無料プレイ化を発表していた。

 今回の無料化に伴い、Epic Games Store版でもプラットフォーム間の進捗の同期などが可能になる。また『フォートナイト』で行われていた「サポート・ア・クリエイター」プログラムにも参加が決定。「サポート・ア・クリエイター」は、プレイヤーゲーム内でサポートしたいクリエイターを選び、ゲームでお金を使う度にその内の5%がそのクリエイターに支払われるというプログラムだ。プログラムにはすでに動画配信者コミュニティ関係者など、多くの『ロケットリーグクリエイターが登録されており、今後も追加される予定だという。

(画像はSteam『Rocket League』より)

 『ロケットリーグ』の基本無料化に伴い、来週には「Llama-Rama」という正体不明の何かが発表されるという。『フォートナイト』も「Llama-Rama」について公式Twitterアカウントで発言しており、両作でゲーム内報酬が貰えるコラボイベントのようだ。

ライター古嶋誉幸

『Rocket League』公式サイト(英語)はこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros