9月16日(水)、セガが開発・運営するオンラインRPGファンタシースターオンライン2PSO2)』PlayStation Vita(以下、PS Vita)へ向けたサービスが終了となった。なお、PS Vita版のプレイデータについてはPC版PlayStation 4版、クラウド版(PC/Nintendo Switch)で続けてプレイ可能だ。

(画像はPlayStation Store『ファンタシースターオンライン2』(PS4版)より)

 『PSO2』は、2012年にPC向けのタイトルとしてサービスを開始した、三人称視点のアクションRPGである。比較的早い段階からクロスラットフォームへ対応していた経緯があり、PS Vita版は2013年サービスを開始した。開始当時は新ストーリーPC版に先行して配信されたほか、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のどこでもいっしょシリーズから「トロ」「クロ」ゲーム内に登場。特別なオーダー(任務)を達成することでほかのプラットフォーム版でのクエストにも連れていける仕様となっていた。

 また、PS Vita版の限定機能として実装された「キャラクターポートレート」では、実際の風景に自キャラクターNPCなどのゲームキャラクターデフォルトキャラクターを合成することで「現実世界にゲームキャラクターがいる姿」「自キャラクターとの記念写真」を撮影できた。Twitterでは約7年半続いたサービスの終了をねぎらうツイートをはじめ、PS Vita版のプレイヤー達が集まる専用ロビーで最後のときを過ごす様子の画像や動画、かつて撮影した懐かしのスクリーンショット画像が「vita」「PSO2」キーワードとともに投稿されている。

  サービス終了時点で未使用のゲーム内通貨アークスキャッシュ(AC)」および購入分のスタージェム(SG)」については、9月18日(金)18時から12月16日(水)の正午まで払戻し対応を受け付けている。「上記のゲーム内通貨を所持しているが、他プラットフォームでのプレイを継続しない」人については忘れずに申請しておきたい。

ライターヨシムネ

PS Vita版『PSO2』終了に関するお知らせはこちらPS Vita版『PSO2』終了にともなうゲーム内通貨の払い戻しについてのお知らせはこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。