EFLカップ2回戦の6試合が16日に行われ、エバートンは4部のサルフォード・シティとホームで対戦し、3-0で勝利した。

エバートンは、開始早々の5分にシグルドソンの左CKをニアに走り込んだマイケル・キーンが頭で叩き込むと、前半だけで14本のシュートを浴びせるなどサルフォードを圧倒。

後半に入っても攻撃の手を緩めないエバートンは、74分にエンクンクのスルーパスでボックス左に抜け出したゴードン折り返しシグルドソンが流し込み、追加点。

さらに試合終盤の87分には、ゴードンがボックス内で倒されて獲得したPKをケアンが決め、エバートンが3-0で快勝した。

また、ホームで3部のハル・シティと対戦した昇格組のリーズ・ユナイテッドは、開始早々の5分に失点。その後も劣勢が続いたリーズは、後半アディショナルタイムアリオスキのゴールで同点に追いつき、1-1で90分が終了。しかし、その後に行われたPK戦を8-9で敗れ、リーズが2回戦敗退となった。

その他、昇格組のフルアムはアウェイで3部のイプスウィッチと対戦し、ミトロビッチゴールで逃げ切り1-0で勝利。サウサンプトンホームで2部のブレンフォードを対戦し0-2で敗戦した。

サムネイル画像