SBテクノロジー(SBT)は、オンラインの営業活動を可視化する新サービス「DX Sales for Microsoft Teams」の提供を9月16日に開始した。

オリジナルで読む



 新サービスは、Microsoft TeamsとMicrosoft Dynamics 365データ連携により、Microsoft Teams会議を通じた営業活動などを可視化し、顧客対応の遅延などを早期に発見することができる。また、顧客に対するオンラインでの活動が自動的にMicrosoft Dynamics 365に登録されることで、営業現場での日報登録の負担を軽減できる。Microsoft TeamsからMicrosoft Dynamics 365データの自動登録を行う連携は国内初(同社調べ)となる。

 具体的には、顧客とのオンライン会議に利用されるMicrosoft TeamsをはじめとしたMicrosoft 365と、顧客管理ツールMicrosoft Dynamics 365データを連携することで、Microsoft 365を介したオンラインでの営業活動を自動で取りこみ、可視化までを提供する。

 可視化レポートは、Microsoft ExcelMicrosoft Power BIの2種類があり、Microsoft Excelのレポートは、顧客への訪問計画と実績を一覧で比較することで、未対応顧客の把握が可能となる。

 Microsoft Power BIによるレポートは、アクティビティの内訳などを直感的に確認することができ、スピーディーな顧客対応(Do:実行)と活動の分析(Check:分析)から、見落とされやすい顧客サポートの弱点やリスクを顕在化することで適切なアクションにつなげることができる。

テレワークでの営業活動における「DX Sales for Microsoft Teams」の利用例