2020年9月16日内閣総理大臣指名選挙を経て、菅義偉氏が第99代首相として選出され、菅内閣が発足した。

ポスト安倍」論に様々な動きが存在する中で、J-CASTニュースは15日から、いち早く「1年後」の首相について読者アンケートを行っている(投票にはウェブサービス「トイダス」をサイト上で使用)。

「現首相」は4位に?

就任に際して菅首相は安倍政権の継承を掲げたが、2021年10月には衆院議員の任期満了を控えており、新内閣の解散時期がどうなるかにも焦点が当てられている。

J-CASTニュースはまず「菅氏を含めた政治家の中で、1年後首相でいてほしいと思うのは、次のうち誰か」という設問を作り、選択肢には安倍晋三前首相ら政治家20人の氏名と「この中にはいない」という項目を設けた。そして次に「安倍政権の取り組みを評価するか」という質問も用意し、それぞれ集計を行っている。

17日14時現在で見ていくと、有効回答数1284票のうち1位が27.88%(358票)で河野太郎行政改革担当相、2位は16.51%(212票)で安倍前首相、3位は13.24%(170票)で石破茂自民党幹事長、4位は12.77%(164票)で菅首相、5位には7.79%(100票)で「この中にはいない」が入り、6位は5.06%(65票)で立憲民主党枝野幸男代表となった。

2位と100票以上の差をつけ1位となった河野氏は、ネット上などで「次期首相」として名前が上がることも多い。新たな閣僚席の席次では「ナンバー2」とされる演壇右側に座ることとなったと報じられており、17日の未明に及んだ就任会見では、深夜まで長引く会見の慣例に対して「やめたらいい」と述べたことで注目を集めている。

2位には約1年の総裁任期を残しての辞任となった安倍前首相がランクイン。続投を望む声なのか、再任による「第5次内閣」を待望しての投票か、いまだ根強い人気をみせた。そして3位には総裁選でも、菅首相と自民党岸田文雄元政調会長に次いで3位だった石破氏だ。

一方、そんな石破氏に約0.5%の差をつけられ、あくまで本アンケートの17日午後現在ではあるが、菅首相が4位という結果になった。自民党の歴史では、長期政権の後は「短命」となるケースが多いともされており、今後の動向に注目が集まっている。

【「1年後首相でいてほしいと思うのは、次のうち誰か」選択肢

安倍晋三石破茂枝野幸男、加藤勝信、岸田文雄小池百合子小泉進次郎河野太郎志位和夫菅義偉立花孝志玉木雄一郎野田聖子橋下徹福島瑞穂松井一郎、茂木敏充、山口那津男山本太郎吉村洋文、この中にはいない(あいうえお順、敬称略)

「安倍政権の取り組みを評価するか」

次の「安倍政権の取り組みを評価するか」という設問では、「大いに評価する」「評価する」「どちらかといえば評価する」「どちらともいえない」〜「大いに評価しない」までの7段階で集計を行った。有効回答数1116票(17日14時現在)のうち、1位が23.3%(260票)で「大いに評価する」、2位が22.8%(255票)で「評価する」、3位が16.8%(188票)で「大いに評価しない」となった。

「評価する」カテゴリを合計すると58.42%(652票)で、「評価しない」カテゴリを合計すると36.02%(402票)。「どちらともいえない」はもっとも得票が少ない5.56%(62票)で、安倍政権を評価する声の方が多いという結果となった。

1年後、あなたは誰に「首相」でいてほしい?