ヘビをマスク代わりに使用したバスの乗客

生きたマスク?ヘビをマスク代わりに使用したバスの乗客 image credit: youtube

 イギリスでは再びコロナ感染者が増加傾向にあり、公共交通機関ではマスク着用が義務付けられている(健康上の問題がある場合を除く)。そんな中、首にヘビを巻き付け、マスク代わりに使用していた男性が公共バスの中で目撃された。

 それはかなり大きなヘビで、男性の首から顔にかけてぐるぐるに巻き付いている。ヘビ革といえばそうなんだけど、生きているから生ヘビ革マスクだ。

 マスクとしての効果はあるのかどうかはわからない。ただしまわりはびっくりして近寄らないので、社会的距離は取れそうな気もする。『Manchester Evening News』などが伝えている。

―あわせて読みたい―

マスクが手に入らない?斬新なアイデアとユーモアで防御力アップをはかる人々
いろいろ違う!突っ込みどころ満載、世界のコロナ対策
マスクの多様化はどこまで進む?フロリダ州ならではの、蛇やワニの革で作ったマスクが販売予定(アメリカ)
あなたの周りの密が解消される?エイリアンのフェイスハガーのマスクカバーと布マスクが販売されている件
マスクを着用していないので郵便局で受付を断られて女性、その場で頭に下着を被る応急措置(ウクライナ)


Man wears pet snake instead of face mask on bus

生ヘビマスクを着用したバスの乗客

 イギリスでは、幼い子供や健康上の問題がある人を例外として、市民には公共交通機関と店内利用時にはマスク着用が義務付けられている。

 マスクの種類については特に言及されておらず、必ずしもサージカルマスクである必要はないのだが、それにしてもこれはどうだろう。

 9月4日グレーター・マンチスターのサルフォードで、マンチスター行きのバスに乗っていた白いTシャツジーンズ姿の男性は、大きなヘビを首に巻き付け、それをマスク代わりにしていたのだ。

1_e4


 同じバスに乗っていた女性は、最初ヘビだと気付かず「カラフルマスクをしているんだな」と思ったという。

 ところが、それが動いた。男性は、何でもないことのように生きたヘビを首元から外し、前の手すりに絡みつかせた。

 その光景を見た乗客らは、大きなショックを受けた。なぜなら、ヘビはなかなかの大きさだったからだ。

snake_e


誰も気にしている様子はなかったのよ。でも、後ろの人が動画を撮影していたわ。私としては、かなり面白いとは思ったんだけど。

 このように女性は話しているが、グレーター・マンチスター交通局やバス運営会社は、この事態を深刻に受け止めているようだ。

「生きたヘビは適切なマスクとは言えない」と運輸局が注意喚起

 グレーター・マンチスター運輸局の広報は、このように述べている。

政府のガイダンスでは、必ずしもサージカルマスクである必要はなく、手作りマスクやスカーフもしくはバンダナなどでも代用可能です。

とは言え、生きたままのヘビ革がマスクの代用になるとは思えません。


 一方、この男性が乗車していたバス運営会社Stagecoach(ステージコーチ)は、次のような声明文を発表した。

顧客と当社従業員の安全は、最優先事項です。よって、この報告には一同大きなショックを受け、事態を非常に真摯に受け止めております。

当社は、全ての乗客が政府の交通公共機関を利用するにおいて、適切に顔を覆う規則を遵守することを期待しています。

現在、この件においてはバス内のCCTVの確認を始め、運転手への事情聴取など徹底した内部調査が進行中です。


2_e1

 なお、このニュースを見た人からは、このような声があがっている。

社会的距離はこれでバッチリだよな。

・いや、普通に頭がおかしいだけだろ。

・公共であろうとどこであろうと、この男性のようになーんにも気にしない人はいるんだよね…。

・ヘビはバス代を払ったのか?

飛行機にヘビというニュースは見たことあったけど、バスは初めてだ。

・ヘビが顔を覆っているなら一応“フェイスカバーとして”規則には違反していないのかもだけど、誰が触ったかわからない手すりに巻き付いたヘビでまた顔を覆ってたんじゃ、自分が感染しやすくならない?

・なぜ、運転手気付かなかった…?蛇革マスクと思ったのか?

爬虫類って、サルモネラ菌を普通に持ってるよね。飼い主なら口元に持って行くのは危険って知るべきだよ。

・あ~あ、出た出た。「見て、私のマスクを見て!」ってタイプの人だな。

・絶対に近付きたくない!!

・「マスク代わり?」って報道する方もどうかと…。


 あまりマスクを着用する文化がなかった欧米では、様々なものがマスクの代用として使用されているが、マスクにどんな効果があり何のためにするのかを良く理解してない人も多いようだ。 

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294713.html
 

こちらもオススメ!

―昆虫・爬虫類寄生虫についての記事―

ミツバチが女性を救う。毒に含まれる物質が乳がん細胞を破壊することが判明(オーストラリア研究)
うたた寝してたら蛇が口から入ってきた!全長1.2メートルの蛇を口から取り出す手術が行われる(ロシア)
遺伝子組み換え蚊を7億5千万匹放つ計画、州に続き郡当局も正式承認、いよいよ実施へ(米フロリダ州)
魚の舌になりすまし生き血を吸う「ウオノエ」の3Dスキャン写真
はちみつが初期の風邪や咳に有効であることが科学的に認められる(英研究)

―知るの紹介記事―

一軒家をまるごと編み込んだ「ピンクの家」
奇跡の発見。完全に封印された古代エジプトの棺、13基を発掘
11歳の少年が祖母を救うためベンツ車を運転。公道を走り家まで運ぶ(アメリカ)
お口のまわりに食べ物がついてる猫のかわいさとクリーチャー感を存分に味わうの会
コンテナの中に2か月間閉じ込められた猫、結露を舐め蜘蛛を食べて生き延び、無事生還(イギリス)
生きたマスク?巨大ヘビをマスクの代わり顔に巻いたバスの乗客が目撃される(イギリス)