WayForward Technologies(以下、ウェイフォワード)は、2021年アニメRWBYゲーム版をリリースすることを発表した。パブリッシャーアークシステムワークスウェイフォルワードが担当(発表リンク)。

 最終的なタイトルはまだ未定で、複数のプラットフォームでリリース予定だという。ゲームジャンルも「インタラクティブアドベンチャー」とされているだけで、詳しい内容は未発表。

 ストーリーは、『RWBY』のアニメを手がけたルースター・ティースから、本作の脚本家であるケリー・ショウクロス氏、マイルズ・ルナ氏、そしてエディー・リヴァス氏ら3人が参加する。

(画像はウェイフォルワード公式サイトより)

 『RWBY』は2013年からボリューム7までの7シーズンが公開されてきた3Dアニメーション。科学と魔法が同居する世界を舞台に、童話をモチーフにしたキャラクター達が個性的な武器を手に、人類にと敵対する「グリム」と戦うアクションジャンルの作品となっている。

 主人公ルビー・ローズの持つ狙撃銃と大鎌に変形する武器「クレセントローズ」を筆頭に外連味あふれる武器とアクション、可愛らしいキャラクターなどが日本でも受け入れられた。

 ゲームとの親和性も高い設定のためか、これまでにPCゲームRWBY: Grimm Eclipseスマートフォン向けゲームRWBY: Amity Arenaリリースされている。また新作ゲームパブリッシャーであるアークシステムワークス格闘ゲームBLAZBLUE CROSS TAG BATTLEには、『RWBY』のキャラクターが多数参戦している。

2013年に公開されたアニメRWBY』のチャプター1映像。

 シャンティシリーズ熱血硬派くにおくん外伝 リバーシティガールズなど、評価の高いアクションゲームを製作するウェイフォワードは、はたしてどのような『RWBYゲームを作るのだろうか。今後の続報に注目したい。

WayForward 公式サイトはこちら

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros