【この記事の動画を見る】

香港の民主活動家・周庭(しゅうてい/アグネスチョウ)さんは小学生の頃から日本のアニメポップカルチャーが好きで、日本語を独学で習得したほどの親日家で知られる。日本の政治も注視しており、このたび発足された菅新内閣を巡る報道についてTwitterで疑問を呈した。それだけ日本のことに興味津々のようである。

中国の全国人民代表大会で6月30日に香港国家安全維持法(国安法)が可決され、香港におけるデモなどの民主化運動に対する取り締まりがさらに厳しくなるなか、影響力のある周庭さん8月10日に国安法違反容疑で逮捕されたことは日本でも大きく報道されたものだ。

周庭さんは8月11日夜に保釈された後、9月2日6月30日で止めていたTwitterを更新して「ただいま戻りました」と挨拶すると、国安法が可決したため用心して更新を止めていたものの結局逮捕されたこともあって「いろいろ考えた上で、ツイッターを再開することを決めました。難しい判断ですが、これからもよろしくお願いします」と述べていた。

そうやって再開したTwitter9月16日に「新内閣の報道について」と切り出した。日本では16日午後、自民党菅義偉総裁が第99代首相に選出されて新内閣の陣容を決定。菅新内閣の閣僚名簿が発表されている。

周庭さんが「日本のテレビを見てよく思うんだけど、『好物はトンカツ』『バスケ大好き』『元東大ボクシング部』などの情報は、本当に必要ですか? 過去の言論やスタンスの方が重要じゃないですか」と疑問を呈したのは報道のスタンスに対してであり、香港メディアが政府官僚の趣味嗜好を紹介することはあまりないので気になったという。

FNNライムオンライン』によるネットニュースで報じられた「新閣僚顔ぶれ一覧」に「一言メモ付き」として、1億総活躍担当大臣・坂本哲志氏は「皇居ラン愛好者 好物はトンカツ」、農林水産担当大臣・野上浩太郎氏は「バスケ大好き 八村選手と同郷」、経済再生担当大臣・西村康稔氏は「コロナ担当 元東大ボクシング部」などの情報が付加されている。

フォロワーからは「ご指摘のように本質をみない、これがこの国の弱点」、「日本のメディアサイドに問題がある。世界情勢を正しく、若者に理解してもらえる報道ができる人がいない」と反響があり、他に「政策そのものよりも、世俗的なことで国民の共感を呼ぼうというのが第一の目的」、「確かに不要ですが、そうした情報があることで、政治家に親しみやすさを感じたり、興味を持つきっかけになったりします」など様々な声が寄せられた。

そんな周庭さんだが、9月1日YouTubeで公開したインタビュー動画『1/9《星期三港案》23歲的周庭 23歳のアグネス·チョウ』では、日本がいかに好きであるかを自国語で楽しそうに語る姿が見られる。字幕で訳されており「仕事で日本に行ったら必ず一人カラオケで4時間は歌う」、「好きなタイプは、自分が天然なので大人な方でなんでもできる方…佐藤健さんなら良いですね」という話まで飛び出した。

もし社会運動に参加していなければ「昔から日本の文化がすごく好きなので、日本に留学したかもしれない」という周庭さん。「そうでなければ夢だった水泳選手になって肩幅が広くなっているかも」と笑う普段は見られない一面を覗かせていた。

画像は『周庭 Agnes Chow 2020年9月13日Instagram「福爾摩斯周庭」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト