少女を対とした「ミスコンテスト」をめぐり、フランスしい論争が起きている。16歳未満の子どもが対の「ミスコン」を禁止する法案がこのほど、フランス上院で承認され、下院での審議を待っている。

法が成立すれば、催者はもちろんこうしたコンテスト16歳未満が参加することを手助けしたり、参加を勧めたり、容認した人に、2年以下の懲役と最大3万ユーロ(約400万円)の罰が科されることになるという。規制は「6歳から12歳女児に対して、母親が『女にとって重要なのは美しさ』と言って聞かせるような状況は、極めて有だ」としているようだ。

少女を対にしたミスコンは、日本でも行なわれている。代表的な「全日民的美少女コンテスト」の募集年齢は12歳から20歳だ。アイドルの若年化も著しい日本の芸界だが、未成年を対としたコンテストや芸活動に、何らかの規制はあるのだろうか。田中由美弁護士に聞いた。

日本では「保護者の判断」が重要

田中弁護士は「日本では、法で規することはせずに、保護者の判断に委ねられているというのが現状です」と話す。

日本では、どのような議論があるのだろうか。

子どもミスコンを巡る議論を大きく2つに分けると、規制に賛成する側の意見は『ミスコンは子どもを性的な商品扱いするものだから、規制すべきだ』というで、反対側の意見は『政治が介入すべきではなく、親の判断に委ねるべきだ』というでしょう。こうした議論は、子どもミスコンが盛んなアメリカでも盛んになされているようです」

報道によると、フランスの「子どもミスコン」は各地の小規模な町で開催され、較的落ち着いた雰囲気のようだが、規制アメリカのように過化することを懸念しているようだ。日本ではどうだろう。

子どもの「芸活動」は労働法でも認められている

田中弁護士は「日本では、ミスコンについては『保護者の同意があれば参加できる』とされています」と摘する。つまり、「親の判断」が重要視されているようだ。アイドル子役タレントのような場合もそうなのだろうか?

「労働基準法では、原則的に中学生以下を働かせることはできませんが、映画演劇などの芸活動については、条件付きで例外的に13歳未満についても働かせることができるとしています。

深夜労働については時間規制があり、演劇などへの13歳未満の子役の出演は、午後9時までとされています」

アイドルグループの行うイベントで、一部の若いメンバーが途中退場することがあるのは、こうした規制があるからだ。ただ、子役タレントアイドルテレビなどでめざましい活躍をしているのを見ると、日本は、子どもタレント活動に寛容な社会と言えそうだ。

弁護士ドットコム トピックス)

【取材協弁護士
田中 由美(たなか・まゆみ)弁護士
あおば法律事務所共同代表弁護士熊本県弁護士会所属。「親しみやすい町医者のような弁護士でありたい」がモットー。熊本県弁護士会両性の等に関する委員会委員長。得意分野は離婚事全般、債務、刑事事件、少年事件。
事務所名:あおば法律事務所
事務所URLhttp://www.aoba-kumamoto.jp/

フランスで16歳未満の「ミスコン」禁止!? 日本の美少女コンテストは問題ないの?