スクウェア・エニックス発刊の月刊Gファンタジーで連載中の漫画「ホリミヤ」のアニメ化が、2020年9月18日に発表された。2021年1月より放送となる。

「ガラケー時代から読んでた!」原作ファンも喜びのツイート

ホリミヤ」は原作HERO氏、作画萩原ダイスケ氏によるラブコメディ2007年2月からHERO氏のウェブサイト「読解アヘン」で公開されている「堀さんと宮村くん」を原作とした漫画である。

原作漫画の公開が2007年、雑誌での連載が始まったのは2011年であり、アニメ化までに10年を超える年月が経っていることから、インターネット上では「ホリミヤようやくアニメ化か」「ついに!長かったなぁ」と念願のアニメ化を喜ぶ声が上がっている。

原作ファンの「10年前、ガラケーで読んでたなあ」「原作の『堀さんと宮村くん』も読んでほしい」とツイートも多く見られる。

作画を担当する萩原ダイスケ氏は18日深夜にツイッターで「ホリミヤTVアニメ化決定いたしました!作品を一緒に作ってくださっている方々、応援してくださる読者の皆様のおかげです」と主人公堀さんと宮村くんの描き下ろしイラスト付きのツイートを投稿。

原作者のHERO氏も「来年1月からの放送、私も今から楽しみです!」とツイートしている。ウェブ連載からスタートした漫画であることもあり、日本のファン以外にも、「I'm so happy! I'm looking forward to it!(とても嬉しいです! 楽しみにしています!)」と海外のファンからのお祝いのリプライも多く届いている。

ホリミヤ」は派手な見た目とは裏腹に家事が得意で成績優秀な「堀京子」と、学校では地味なメガネ男子を演じているが、実は耳や口にピアスをつけ刺青を入れている「宮村伊澄」のギャップをもつふたりを中心とした学園日常漫画。

アニメ化に際して発表されたティザービジュアルでは、堀さんと宮村くんがそれぞれ自分の「裏の顔」を写したポラロイド写真を持ち、手が触れそうな距離で横たわる姿が描かれている。

アニメ版のキャストは堀京子役に戸松遥さん、宮村伊澄役に内山昴輝さんが決定している。9月21日の夜9時からは、ABEMAアニメホリミヤアニメ化を記念した特番も予定されている。

萩原氏のツイッターより