従順な飼い犬が豹変し、幼い子供を襲う事故が後を絶たない。英サウス・ヨークシャー州で今月中旬、可愛がっていた飼い犬が突然、生後12日の赤ちゃんを襲って死亡させた。『The Sun』『Metro』などが伝えている。

英サウス・ヨークシャー州ドンカスターの一軒家で13日午後3時半頃、生後12日のイーロンエリス君(Elon Ellis)がオスのミックス犬 “テディTeddy)” に襲われて死亡した。テディは裏庭の囲いを飛び越えて自宅1階に侵入し、新生児用のかご型ベッドの中に寝ていたイーロン君を襲ったのだった。イーロン君はすぐに地元の病院に搬送されたが、間もなく息を引き取った。

この事故でイーロン君の母親アビゲイル(Abigail)と父親のスティーブン・ジョインズ(Stephen Joynes、35)が重大な過失による「重過失致死罪」で逮捕されたが、保釈金を払って釈放されている。

Mirror』によると、事故当時のアビゲイルは2階のトイレに、スティーブンはアビゲイルの3人の連れ子と一緒に庭にいたという。テディは裏庭に作られた大きな犬小屋で飼われていたが、事故当時は囲いの中に放たれていたようだ。

イーロン君の叔父は「テディはこれまで一度も人を襲ったことはなく、家族はテディを可愛がりよく抱きしめていました。テディイーロンを襲ったのは一瞬のことでしたが、警察は第2の犠牲者が出るのを恐れ安楽死させました」と涙ながらに語り、こう明かした。

テディイーロンを襲ったのは、家族の愛情が赤ちゃんに向いてしまったことによる嫉妬が原因なのではないかと思っています。ほかに考えられるのは、テディが小さなイーロンを人形かおもちゃだと勘違いし、噛みついて激しく振り回したということです。」

アビゲイルは犬が大好きで、犬に囲まれて育ちました。それだけに、まさか飼い犬が我が子をかみ殺すなどとは思いもしなかったことでしょう。」

実はアビゲイルは1年半前に幼なじみだった前夫を敗血症で亡くしており、その少し前には父親も他界していた。スティーブンとは昨年9月に婚約し、イーロン君の誕生をとても喜んでいたそうで、アビゲイルをよく知る近所の住人はこう語っている。

「一家は犬が好きで、3頭の犬を飼っていたようです。テディの名前は“テディベア”からとったようで、大きくてフワフワの毛を持った犬でした。事故の後、警察がテディを自宅から連れ出していましたが、力が強く大人3人がかりで車に乗せていました。」
アビゲイルは事故後、泣き崩れてかなり取り乱していました。相次ぐ悲劇に家族は悲嘆に暮れています。」
「一家のことはよく知っています。いつもきちんと挨拶してくれて、素敵な家族でした。子供たちも礼儀正しく、とても愛されていましたよ。赤ちゃんが襲われたのは、あっという間の出来事だったのでしょう。これは育児放棄ではなく悲劇的な事故です。」

ちなみに今年7月にはブラジルで、9年かけてようやく授かった生後26日の双子が飼い犬に襲われて死亡しており、原因は犬の嫉妬の可能性が高いという。

画像は『The Sun 2020年9月17日付「‘WORST NIGHTMARE’ Newborn baby mauled to death by ‘jealous’ family dog who escaped from garden pen, says heartbroken uncle」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト