アメリカで渡り鳥が大量死


 アメリカニューメキシコ州をはじめ、コロラド州やテキサス州、メキシコに至る広い地域で、8月末から大量の渡り鳥の死骸が発見されるという謎の出来事が相次いだ。その数は現在、確認できるだけで数十万羽以上とされている。

 また、目撃した人の話によると、鳥たちは死ぬ前に奇妙な行動を起こしていたという。

 現在死因は調査中だが、カリフォルニアや西海岸で発生した大規模森林火災が影響している可能性も示唆されている。『Sciencealert』などが伝えた。

―あわせて読みたい―

鳥5000羽と魚10万匹が謎の大量死を遂げる(米・アーカンソー州)
世界各国で相次ぐ鳥・魚の大量死、今度はスウェーデンでコクマルガラス100羽が地上落下(大量死発生地域MAP付)
【ミステリー】米アーカンソー州で今年もまた大量の鳥が謎の落下死
2百羽以上のムクドリが路上で謎の大量死。あれから2か月、その死因を解明か?(イギリス)
ハゲワシの謎の大量死。死骸が1000羽発見される(ギニアビサウ)

ニューメキシコ州全域で渡り鳥の大量死を発見

 8月20日ニューメキシコ州にある米陸軍のホワイトサンズミサイル発射場とホワイトサンズ国定公園で、大量の渡り鳥が死んでいるのが発見された。

 これらの鳥は、スズメツバメウグイスルリツグミムシクイ類クロウタドリニシモリタイランチョウ、タイランチョウなどだ。

 この事態は、ドニャアナ郡やロズウェル郡、ジェメスプエブロ郡やソコロ郡などニューメキシコ州全域に及び、更に後日にはコロラド州、テキサス州やメキシコなどでも相次いだ。

 その数は少なくとも数十万羽にのぼるという。


大量死前に目撃された渡り鳥の奇妙な行動


 実は、これらの渡り鳥たちは死ぬ前に奇妙な行動をとっており、それを住民らに目撃されていたようだ。

 通常、鳥は低木や樹木に止まっていることが多いが、大量の死骸が発見される数日前から、地面で餌を探している姿が目撃されていた。

 特にツバメは地面を歩くことなど全くと言っていいほどないが、なぜか地面に座り込んでおり、人が近付いても飛ぶ様子を見せなかったそうだ。

 住民たちは、「多くの鳥が無気力で無反応だった」と口を揃えて話している。


森林火災が原因か?気候変動か?


 約300羽の鳥の死骸を12日から調査しているニューメキシコ州立大学の魚類、野生生物、保全生態学学部のマーサ・デスモンド教授は、このように話している。

カリフォルニアなど西部で広がっている大規模森林火災が原因のひとつかもしれません。鳥たちは、渡りの準備が整っておらず、十分な脂肪を蓄える前に、渡りを強いられた可能性もあります。

また、火災によって渡りの経路変更を余儀なくされたり、煙を吸い込んで肺に損傷を受けたとも考えられます。一部の鳥は、渡りを始めるのに必要な力さえなく、その場で死んだ可能性もあります。

数十万、数百万という単位の大量の鳥が死んでいるという酷い状態は、壊滅的な気候変動にも要因があるとも考えられます。

1970年以来、アメリカでは実に30億羽という鳥が失われている上に、昆虫数の激減も著しい。こうした野生生物の個体数の減少は、見ていて悲痛でしかありません。


 渡り鳥の死骸は、今後剖検のためにオレゴン州にある米魚魚類野生生物局に送られる予定だそうだ。ただし、結果がわかるまでには数週間かかる場合もあるということだ。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294734.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

なんて華麗な「ナイスシュート!」アンビリーバボーなゴールを決めちゃったコーギー
白鳥のマスク警察現る。正しく着用していなかった女性のマスクを引っ張り正しい位置に(フランス)
心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)
「あれがリスという生き物だ」猫一家、窓越しからリスを鋭意観察中
コーギーのつぶらな瞳に胸キュン!ペットボトルをつぶす「クシャッ」に反応する犬

―知るの紹介記事―

また別の電脳化技術が! 脳にチップを入れ視力を回復させるバイオニック・アイ(オーストラリア研究)
自分がちっぽけな存在だということに気づかされる、この世に存在する10の巨大なモノの写真
君は全問正解できるか?CIAからの挑戦状、2枚の写真で間違い探し
生きたマスク?巨大ヘビをマスクの代わり顔に巻いたバスの乗客が目撃される(イギリス)
一軒家をまるごと編み込んだ「ピンクの家」
アメリカで渡り鳥が謎の大量死。山火事が原因か?(アメリカ)※鳥死骸閲覧注意