9月20日(日)夜8時から放送される「日曜THEリアル!」は、「池上彰スペシャル」。ジャーナリスト池上彰が、菅新政権の誕生、そして刻々と変化する新型コロナウイルスを巡る状況を受け、一部緊急生放送で解説する。

【写真を見る】スタジオゲストのゆきぽよと梅沢富美男

今月16日に誕生した菅義偉新首相。菅新政権の下で、日本の新型コロナウイルス対策はどうなるのか?これまでの安倍政権の方針や対策と違いはあるのか?池上がいち早く、そして忖度(そんたく)なしで解説していく。

さらに世界中で急ピッチで進められている新型コロナ収束への希望の光、ワクチンの開発。果たして順調に進んでいるのか?その今を伝える。

そして大型台風や、いつどこで起きるか分からない大地震など日本を襲う自然災害と感染症が重なる「複合災害」も強く懸念されている中、身を守るための「避難所」が、実は日本では約100年前からあまり進化していないという実態にも迫っていく。

池上彰からメッセージ

――新型コロナウイルスの感染状況は、一時よりは落ち着いているようにも見えますが、いかがお考えですか?

確かに感染者数が以前ほど爆発的には増えていませんが、だからといって大幅に減ってはいないですよね。

かしこの状況に慣れてしまって、毎日全国で何百人も感染者が出ているのに、“そんなものかな”という感じにもなっています。

このような慣れというのは危険だと思います。ここのところ死者も連日出ていますので、それが非常に気になるところです。

――これまでの日本政府の対応についてどう感じていますか?

対応は後手後手に回っていたにもかかわらず、感染者数・死者数が非常に少なかったということは、やはり国民の皆さんが一生懸命、感染症対策を行ったということだと思います。

PCR検査もなかなか拡充しませんでしたし、政府の対応は決して褒められたものではありませんが、結果としてはうまくいっている。

そのため海外のメディアからは“日本は不思議だ”“政府が失敗ばかりしているのに、なぜ死者が少ないのか”と言われるくらいです。それは一人一人がものすごく気を付けたということだと思います。

■ 菅新政権に望むこと

――菅新政権に望むことは?

もちろん経済と新型コロナ対策の両立を求めるということはよく分かります。しかし、感染症対策を徹底的に行わず、中途半端に経済を再開させるとまた患者が増えてしまい、その結果、経済行動を制約せざるを得ないということの繰り返しになってしまう恐れもあります。

経済を回さないといけないというのは分かりますが、あまり早急にやってしまうと、かえって逆効果になってしまうということに気を付けないといけないと思います。

――視聴者メッセージをお願いします。

今回の番組で特にお伝えしたいのは、災害が起きた時の避難所がこれまであまりに非人間的だったということに今ようやく気が付いたということです。

新型コロナ対策ではなく、そもそも最初から避難所とはこうあるべきだということを私たちは知ったのではないでしょうか。

イタリアの例を見れば、たとえ避難していても私たちの日常の生活、人間としての尊厳を失わないような避難生活が絶対に必要だと私たちは自覚するべきだと思います。(ザテレビジョン

池上彰が詳しく解説