2007年8月24日深夜、名古屋市内在住のOL・磯谷利恵さん(31、年齢はいずれも事件当時)が市内の住宅地路上を歩いていた時に、突然、3人の男に拉致され、粘着テープで体を固定された。その後、現金6万2000円を奪われた磯谷さんはハンマーで40回ほど殴られ、殺害された。遺体は岐阜県瑞浪市の山中に埋められた。

 事件が発覚するのは翌25日。強盗殺人に関わった男3人のうち無職のK(40)が愛知県警に電話をしたのだ。Kのほか、元朝日新聞セールススタッフT(36)、無職のH(32)も逮捕された。

犯人たちの出会いは「闇の職安」だった

 この名古屋闇サイト殺人事件が注目を浴びたのは、犯行の残酷さもさることながら、男たちが出会った“場所”がインターネット上の“闇サイト”として知られていた「闇の職業安定所」、いわゆる「闇の職安」だったためだ。

 3人の出会いは、事件の1ヶ月ほど前の7月ごろ。まず、KとHが「闇の職安」で金目的の犯罪仲間を募集する書き込みをして知り合った。そして、Kが、〈ムショ出てから、派遣で生活していますが、実に馬鹿馬鹿しい。組んで何かやりませんか?〉と投稿をした。この書き込みを見たTが、〈以前はオレオレ詐欺メインにしていたのですが、貧乏すぎて強盗もしたいくらいです。よろしければ、ご連絡ください〉とメールをしたことで3人が知り合った。

 闇サイトをきっかけに強盗となれば、事前に資産などを調査していたのかといえば、実際には行き当たりばったりの犯行だった。3人が集まったとき、Tがこう言った。

「じゃあ、誰でも良いから襲っちゃう。手当り次第行っちゃう。どうせだったら、若い女がいいじゃない。若い女だった方が、気合い入るんじゃないの。拉致って、金と女が持っているキャッシュカードを奪って、暗証番号をいわせて、銀行から金を引き出せば、結構な金が入りますよ」

 この言葉をきっかけに強盗を決行する。磯谷さんを狙ったのは、「貯金をしていそう」だったからだ。このとき、磯谷さんは最後の抵抗をする。銀行口座の暗証番号を聞き出そうとする犯人に対して「2960」と言ったのだ。これは語呂合わせで「憎むわ」を意味するものだと言われている。実は、犯人グループは磯谷さん殺害前にも、別の強盗殺人を計画。さらに、磯谷さんから十分な現金を奪えなかったこともあり、事件後も新たな強盗殺人を計画していたことまで発覚していた。

 2009年3月、名古屋地方裁判所ではTとHは死刑。Kは、県警に電話をしたことが「自首」扱いとなり、無期懲役に減刑された。Tと検察側は判決を不服として、名古屋高裁に控訴。Tの死刑とKの無期懲役は変わらなかったが、Hは無期懲役となった。検察側はHへの無期懲役を不服として上告した。2012年7月、最高裁でも、判決は変わらなかった。ただし、Kは、別の強盗殺人が発覚したことで死刑判決となり、2019年8月、最高裁で判決が確定した。

発覚した日本最初のネット依頼殺人は、夫婦間での依頼

 これまでの、インターネットを介して殺人事件が起きる場合は、依頼主が明確で、対象者があらかじめ指定されていた。また、殺害の報酬も提示されていた。わかっている範囲では、最高で3000万円から最低で30万と幅が広い。親族間や恋人間のトラブルが発端になることが目立つ。無関係のOLが被害にあったという意味でも、衝撃的な通り魔殺人だった。

 発覚したもので日本最初のネット依頼殺人は2003年10月に起きた。「裏のハローワーク」を通じて、夫(34)が妻(34)を殺害しようとした。事業に失敗したことによる保険金目当てだ。かろうじて、妻が逃れることができ、未遂となる。その後、3000万円の報酬を約束した夫は、実行犯の新聞配達員の男I(35)とともに逮捕された。

 報道で「闇サイト」という言葉が使われたきっかけは、「闇の職業安定所」を通じて事件が発生したためだ。最初に報道されたものは2004年6月10日に発覚した事件だ。愛知県美浜町会社員U(39)は、「闇の職業安定所」に「高額報酬の仕事あります」などと書き込んだ。応募してきた男らを、「実行役」や「レンタカーを借りる役」、「現金の引き出し役」などに振り分けた。Uは下見だけ。応募してきた男らは面識がなかった。

「闇の職業安定所」の管理人が語った経緯

「闇の職業安定所」を開設した管理人は、犯罪目的で開設したわけではないという。管理人にはメール取材で何度か話を聞いている。当時、開設目的についてこう述べていた。

「当初の目的は、短期アルバイトの求人サイトの予定でした。ただ、そういったシステムを作るには費用もかかりますし、時間もかかります。それを解決する方法として、掲示板という手法を取りました。誰でも簡単に求人が出せ、求職もできる。そのようなサイトを目指しているのに変わりはありません。ただ、犯罪に関わる書込みや売買の書込みは禁止です」

 今で言えば、マッチングサイトを意識していた。しかし、結果として、犯罪者の募集が行われている現実があった。それを指摘すると、違法な書込みは削除や制限を掛け、禁止ワードを50以上設定していることを弁明した上で、こうメールで返事があった。

「犯罪が起きる度に対処をしております。そして、サイトには最初、『警察に保存しているログを提出する』と明記していました。具体的な警察署(県警名)の名前を出して警告したこともあります。ただし、後日警察からクレームがきて上記はなくなりました。犯罪が起きたという事実は重く受け止め、対処をしているところです。それでも起きてしまうのが実情です。更に、サイトの入り口を別にして、必ず注意文に目を通してもらう。『18歳未満の閲覧禁止』というアダルトサイトの入り口をイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。このようにする予定です」

 名古屋闇サイト殺人事件が起きてから、再び「闇の職業安定所」管理人に筆者がメールを送ってみると、アカウントが削除されており、メールでの取材もできなくなった。何か、考えることがあったのかもしれない。

作ってみたら、開設するだけで桁違いのアクセス

 インターネット掲示板を介した犯罪が起きると、メディアでは「闇サイト」と報じられる。被害者の遺族は「闇サイトをなくしたい」とも訴えた。磯谷さんの死を無駄にしないために、3人の極刑を求めて署名活動を始めた。2008年3月、遺族は当時の法相に規制を求める手紙まで書いた。しかし、事件が起きる度に、新たな「闇サイト」が開設されるのが現実だ。話題になればなるほど、同じような「闇サイト」が増えていく。

 事件後にできた類似サイトの管理人は対面での取材は拒絶したものの、「最初、『闇の職安』は怖いなって思いました。犯罪者を集めるサイトと。テレビでやっていましたが、僕も最初はそう思いました。でも話題でしたので作ってみました。『表求人』、『裏求人』などのコンテンツは類似のサイトをマネしました。自分が作った他のサイトとはアクセスの桁が違いました。開設するだけでアクセス数が多いのです」とメールで返信があった。

 現在でも、類似のサイトは跋扈している。ただ、どのサイトが、犯罪に使われる意味での「闇サイト」化するのかは、ユーザー次第でもある。

犯格が死亡した謎の監禁殺人

 2018年6月、静岡県の山中で、浜松市在住の看護師の女性(29)の遺体が発見された。静岡県警は住所不定のM(28)と名古屋市のS(42)を監禁と殺人の疑いで逮捕した。サイバートロールをしていた警視庁の捜査員が、ネット上の違法な内容の書き込みがあるとして、Mから事情を聴く中で、静岡県の事件を話し始めたことで発覚した。また、Sは「ばれるのも時間の問題だ」と思ったことから、名古屋市内の中川署に1人で出頭した。2人は、直接殺人には関わっていないために、殺人罪では不起訴となっている。

 実際に殺害を行ったのは、新潟県出身のA(39)だ。ローカルコミュニティサイト「爆サイ」に、Aが「サクッと稼ぎましょう」とのタイトルで「2~3人のチーム動きます。全国行くんで身軽な人なら年齢性別不問です。即合流可能です。とりあえずメールしてください」などと投稿したと見られている。3人は事件当日初めて顔を合わせた。Aは新潟市内のビジネスホテルにて死亡していた状態で従業員に見つかった。近くには遺書があり、自殺と思われている。主犯格の死亡で、事件の真相がわかっていない。

(渋井 哲也)

©️iStock.com