画像は筆者のYou Tubeチャンネルより

ご飯論法の使い手が政府広報官に
 2020年9月16日に発足した菅内閣で官房長官に任命された加藤勝信氏。安倍内閣時代、厚生労働大臣として高度プロフェッショナル制度や新型コロナウイルス 対応を巡る国会質疑で計算高く悪質な不誠実答弁を繰り返し、「ご飯論法」(質問に誠実に答えず、意図的に論点をずらして答え、あたかも誠実に答えたかのように装って不都合な事実を隠しておく狡猾な話法)の使い手として悪名高い人物だ。
 質問に答えているようで実は答えず、聞き手に意図的に誤解を与えて自らの責任を回避することに長けた加藤氏が政府広報官(スポークパーソン)である官房長官になってしまったことで、日本政府が発するメッセージを国民はより注意を持って受け止めなければならない。これからも繰り返されるであろう加藤氏の不誠実な受け答えに備えて、本記事では加藤氏のこれまでの不誠実答弁を信号無視話法こそあど論法の2つの実例を通して振り返りたい。

◆質問をはぐらかしまったく答えない加藤答弁
 1例目は、今年4月に日本中に衝撃を与えた「発熱4日以上は検査要件ではない」発言(参照:「発熱4日以上は検査要件ではない」間違えたのは国民や現場のせい、とでも言いたげな加藤厚労相発言を信号無視話法分析)。
 厚労省2020年2月17日新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安として「37.5度以上の発熱が4日以上続く」というルールを発表していた。これによって、4日間の自宅待機中に容態が悪化して亡くなるケースが相次いだ。短期間で容態が急変するケース明らかになった以上、発熱後4日間は自宅待機させるルールは改めるべきではないか。
 2020年4月29日参議院予算委員会では、立憲民主党・蓮舫議員が加藤勝信厚労相(当時)にこの問題の改善を要望。その結果、加藤厚労相から「発熱4日以上は検査要件ではない」という衝撃的な発言が飛び出し、物議を醸した。この質疑を信号機で直感的に視覚化していく。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化する。(※なお、色表示は配信先では表示されないため、発言段落の後に( )で表記している。色で確認する場合は本体サイトでご確認ください)

 質問に対する加藤氏の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。

<色別集計・結果>
加藤厚労相:赤信号 93% 灰色 7%
*小数点以下を四捨五入しているため、合計は必ずしも100%にはならない

 赤信号が実に93%と驚異的な割合を占めている。つまり、質問には一言も答えていない。いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。

 実際の映像は筆者のYoutubeチャンネル赤黄青で国会ウォッチ」で視聴できる。

◆「誤解した国民や検査の現場が悪い」とでも言いたげな答弁
 問題の発言が飛び出した、蓮舫議員と加藤厚労相の質疑は以下の通り。

蓮舫議員:「都内の単身赴任の社員寮で急死。発熱後も保健所に電話が繋がらなかった。検査を受けられたのは発熱から6日後。そして、検査結果が出たのは亡くなった後だという報道もあるんですよ。今の検査体制だと救えない命あるじゃないですか。著名な芸能人も自宅待機の間に重症化して病院に行って亡くなるとか。家族が会えるのはお骨だとかおかしいじゃないですか。やっぱり、このね、2月に決めた『熱が37.5度以上4日以上続く』『呼吸困難』『強いだるさ』。もうどんどん症例は変わってきてるんだから。総理、この検査を受ける要件、緩和してください。総理*」
〈*蓮舫議員は安倍総理に質問したが、自民党・金子原二郎委員長いつものごとく、安倍総理でなく加藤厚労相を指名〉

加藤厚労相:「これは別に検査を受ける要件ではなくて、受診の診療の目安と言うことでありまして、これについては37.5度4日というのは要するにそこ以上超えるんだったら必ず受診をして頂きたい。そういうことで出させて頂きました。そして倦怠感等がある。この中には、よく、それも4日だ。あるいは37.5度と倦怠感が両方だと。まあ、こういう誤解はありましたから、それはそうではないんだ。倦怠感があれば、すぐに連絡をして頂きたい。こういうことは幾度となく周知をさせて頂いております。あの、さらにまたそうした誤解があればですね、あの そうした誤解を解消するように努力をしていかなきゃならないと思いますが、(赤信号)

 ただ、やっぱりそれ以前の問題として、先ほど申し上げた、やっぱり 保健所機能を含めて ですね、 そういったところが本来その機能が発揮できるように我々は一緒になってですね、 一つ一つのネック、 ボトルネックと言いましょうか、あー、課題を解決していく。で、これ、 前と一緒じゃないかとおっしゃいましたけど、これ1個1個、本当に現場も相当努力をしながらやって頂いております。えー、 東京都においては医師会がPCR検査やりましょうと手をあげて頂いております。そして、中には、えー、 今我々PCR検査の人手という問題がありますんで、歯科医師の方にも協力をお願いいたしました。そうやって一つ一つ乗り越えながらですね、 地域と一緒になって、えー、ち、 国民の皆さんがあるいは地域の皆さんが安心していける、こういう状況を1日も早くつくるべく努力をさせて頂きたいと思います。(赤信号)」

蓮舫議員:「誤解をしたのは保健所とか国民が悪いんですか?政府がずっと説明してきたじゃないですか。尾身副座長も3月10日のこの予算員会で、『PCR検査のキャパシティの問題があったから、そして、今回の場合は症状が長く続くから、まあ5日ぐらいまで、まあ一般の人は3日ぐらいまで。4日というのが普通の人です。』
 すごくざっくりとした説明をしたんですが、それを受けて厚労省は『4日以上、37.5度以上、だるさ、厳しさ、息苦しさ』 だから電話相談したら、あなたは典型例に合わない。まだもっと家に居てくれ。その症状だと、この外来に繋げませんって断られてるんですよ。誤解じゃないでしょ。誤解を生んだのは厚労省の説明じゃないですか」

 加藤厚労相の答弁は1段落目、2段落目ともに論点をすり替えており、赤信号とした。

1段落目
【質問】検査要件の緩和
↓ すり替え
【回答】受診目安の定義

2段落目
【質問】検査要件の緩和
↓ すり替え
【回答】検査能力の向上

厚労省が提示した「受診・相談の目安」と「検査要件」を意図的に区別
 37.5度以上が4日間続くことは「検査を受ける要件ではない」という問題の発言は1段落目の冒頭から始まっている。この4日間ルールを理由に検査を受けられなかった感染者がいることは明らかであるため、この発言を含む1段落目は虚偽答弁ではないかと筆者は当初は考えていた。だが、改めて厚労省2月17日に出した事務連絡に目を通したところ、確かに加藤厚労相の答弁通り、「相談・受診の目安」として「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方」と記載されている。

 つまり、1段落目で加藤厚労相はある意味決してウソは語っていないと捉えることもできる。受診の目安については、2月17日厚労省が出した事務連絡と確かに一致しているからだ。だが、加藤厚労相は厚労省が示した「受診の目安」(=37.5度以上が4日以上)と質問で問われた「検査の要件」を意図的に区別しているのではないか。そして、あくまで受診の目安として示した4日間ルールを、保健所や相談者は検査要件だと勝手に誤解したと主張している。とてつもなく卑劣だと思う。しかも、ご飯論法で悪名を轟かせた加藤厚労相らしく、この内容を平然と答弁している。

 蓮舫議員も答弁後に指摘している通り、「4日以上、37.5度以上」の基準に合わないという理由で検査を拒否された相談者が大勢いることは周知の事実であり、死者まで出たというのに。

◆聞き手をミスリードする加藤「こそあど論法」
 続いて2例目は、2018年1月31日参議院 予算委員会にて、高度プロフェッショナル制度のニーズの労働者へのヒアリング結果について、浜野喜史議員が加藤厚生労働大臣(当時)に問うた場面。加藤大臣は、「これ」「その」等の指示代名詞の曖昧さを利用したこそあど論法法政大学教授・上西充子氏が考案)で意図的に聞き手をミスリードさせた疑いが強い。本記事では以下2点を対比させることで、そのミスリードの手法を視覚化していく。〈参照:「【こそあど論法】加藤厚労大臣 2018年1月31日参議院予算委員会」〉

・聞き手の一般的な解釈
・加藤大臣が後日の答弁で主張した解釈

 まず、浜野議員の質問は下記の通り。

浜野議員:「厚労大臣にお伺いいたします。この(裁量労働制と高度プロフェッショナル制度という)二つの制度、働く者の側からの要請があったというふうに理解してよろしいでしょうか。」

加藤厚労相:「私自身も、この働く方の立場に立って働き方改革を推進していくということで、働く方の声をいろいろと聞かせていただきました。(中略)
 また、高度で専門的な職種、これはまだ制度ございませんけれども、私もいろいろお話を聞く中で、その方は、自分はプロフェッショナルとして自分のペースで仕事をしていきたいんだと、そういった是非働き方をつくってほしいと、こういうご要望をいただきました。
 例えば、研究職の中には、1日4時間から5時間の研究を10日間やるよりは、例えば2日間集中した方が非常に効率的に物が取り組める、こういった声を把握していたところ(以下略)」

 この答弁で加藤大臣は、複数の罠を仕掛けている。

◆「改行があるから別人のこと」!? 狡猾な罠と言い逃れ
 まず、第2段落で出てきた「私もいろいろお話を聞く中で」という表現。こう言われたら、聞き手は「加藤大臣は複数の人から話を聞いた」と解釈するだろう。だが、加藤大臣は、この答弁をする際に「何人かから」と言いかけたのを止めて、「いろいろな話を」と言い直している。つまり、「何人か」とは発言せずに、あたかも複数人から話を聞いたと錯覚させる意図があったと推測できる。
 また、ヒアリングの場所についても、聞き手は「国会で具体的な例を挙げて説明しているのだから当然、加藤大臣は正式なヒアリングの場を設けて話を聞いた」と解釈するだろう。だが、加藤大臣は後日(2018/6/12)に参議院 厚生労働委員会で立憲民主党・石橋通宏議員に対して、「たまたま会合で会った、高プロの対象となる方に話を聞いた」という趣旨の答弁をしている。

 改めて、聞き手の解釈と加藤大臣の主張を対比させると以下のようになる。

聞き手の解釈:加藤大臣は複数の人正式なヒアリングでしっかりと話を聞いた
加藤大臣の主張たまたま会合で会った時何人か話を聞いた

 さらに、第2段落 の「その方」 と第3段落 「研究職」 の関係性についても着目したい。「その方は」という話の続きで、例えばと「研究職」を挙げているので、聞き手は当然、「その方=研究職」と解釈するだろう。だが、加藤大臣は後日(2018/6/14)の参議院・厚生労働委員会にて、福島みずほ議員からの「1月31日の答弁で『その方』は『研究職』だと聞き手は思うだろう。虚偽答弁ではないか」との指摘に対し、「議事録で改行が入っているから、『その方』と『研究職』は別の話」という驚くべき答弁を行った。

 確かに1月31日の答弁の議事録では「その方」と「研究職」の間に改行がある。だが、音声を聞くと改行箇所の間(ま)は約0.2秒。息継ぎすらしていない。大半の聞き手は繋がった話と捉え、「その方 = 研究職」と解釈するだろう。
 さらに、「『その方』とは誰なのか。コンサルなのか」との福島議員からの質問に対し、加藤大臣はこのように答弁している。

「『その方』はITの関係でコンサル。ま、コンサルというかですね。システムエンジニアリングと、それから実際の、ユーザーというんでしょうかね、その間でいろいろプロジェクトをつくっていく、そういう立場の方でありました」

 つまり、加藤大臣は「その方 ≠ 研究職」、「その方 = ITコンサル(のような人)」と明確に認めたのである。

 改めて、聞き手の解釈と加藤大臣の主張を対比させると以下のようになる。

聞き手の解釈その方 = 研究職
加藤大臣の主張その方 ≠ 研究職(議事録で「その方」と「研究職」の間に改行が入っているから別の話

 以上、信号無視話法とこそあど論法を視覚化した2つの事例を通して、官房長官に就任した加藤勝信氏の答弁を振り返ってきた。

 1例目では「検査要件」と「受診目安」という言葉をすり替えて、「発熱4日以上は検査要件ではなく、保健所や国民が誤解した」と責任を転嫁。2例目では繋がった話のように喋っておきながら「議事録で改行が入っているから別の話」という驚愕の答弁。

 政府広報官である官房長官に就いた加藤氏がこのように不誠実で狡猾な人物であることに我々は注意し続けなければならないだろう。

<文・図版作成/犬飼淳>

【犬飼淳】
TwitterID/@jun21101016
いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。noteのサークルでは読者からのフィードバックや分析のリクエストを受け付け、読者との交流を図っている。また、日英仏3ヶ国語のYouTubeチャンネル日本語版/ 英語版/ 仏語版)で国会答弁の視覚化を全世界に発信している。

画像は筆者のYou Tubeチャンネルより