◆崩壊した政権の権威に縋っていた連中
 「100日で崩壊する政権」終了から約50日後。なんと本当に安倍首相が退任を発表。菅義偉官房長官出来レース的な総裁選を勝ち抜き、第99代内閣総理大臣となりました。

 そこで戦々恐々としている(かもしれない)のが、安倍政権で我が世を謳歌していた君側の奸(君主の側で君主を思うままに動かして操り、悪政を行わせるような悪い家臣のこと)たち。

 官邸官僚としてさまざまな場面で悪政を仕切ってきた現代の宦官のあの2人はいったいどうなってしまうのか?

 本日発売開始した「100日で崩壊する政権」の著者、ぼうごなつこ氏が彼らの近況を想像する漫画を描いてくれました。

◆やりたい放題だった現代の宦官

◆今井さん、そんなこと言って大丈夫

◆さあ、彼らの命運やいかに?

<まんが/ぼうごなつこ>

【ぼうごなつこ】

ぼうごなつこ●Twitter ID:@nasukoB1974年神奈川生まれ。まんが家・イラストレーター
 本サイトの連載「100日で崩壊する政権」がこの度書籍化!『100日で崩壊する政権 コロナ禍日本、安倍政権の軌跡
 他に、『子どもの心に寄り添って~被災した子どもの心のケア(NPO法人キッズドア)』『知ってはいけない 隠された日本支配の構造(講談社現代新書)』『女政治家の通信簿(小学館新書)』などでまんが・イラストを担当