―[自衛隊ができない100のこと/小笠原理恵]―


その98 隊員家族は「引っ越しビンボー」から抜け出せない?

自衛隊改革で引っ越し費用が実費精算に!

 全国異動対象は自衛隊では幹部だけですが、国家公務員も同様にほぼ2年ごとに異動があります。これまで引っ越し費用は定額支給であり、差額はすべて自腹でした。つまり「引っ越しビンボー」という切実な問題が存在したのです。この連載でも初期の頃から「引っ越しビンボー」についてレポートしてきました。ここで朗報です! 「旅費法48条第2項の財務大臣との協議」でこの引っ越し費用が改善されました! 令和2年6月から定額支給ではなく実費精算に変わったのです。

「助かった! ありがとうございます! 初めて引っ越し費用持ち出しがゼロでした!」

 そんな現役自衛官の喜びの声があちこちから聞こえてきました。大きな一歩になったと思います。でも、「引っ越しビンボー」からの脱出にあと少し改善してほしいのです。

◆外からは見えない転勤族の苦労

 皆さん、「自衛官や公務員は整備された公務員住宅に安く入居できる」と思っていませんか? しかし、公務員住宅は売却で戸数も減り、築30年以上の狭くてボロボロの建物が目立ちます。しかも、「入居時の保証金や敷金は不要だが、退去時にふすまや畳の張替で20万以上取られた」といった話をよく耳にします。

 先日、公務員住宅に住む方に「ぜひ、転勤族の生活を見てください」と招待されました。官舎退出時にかかる原状復帰費用節約のための「引っ越しビンボー徹底予防策」は想像を超えていました。2年ほどで全国を転々と異動するご家族ならではの“生活の知恵”を写真に撮らせていただきました。

 まず、お部屋に入って最初に驚くのは、壁やガラス、ふすまや床が、あたかも引っ越し作業中のようにプチプチエアーキャップ)や波板、紙やブルーシートですべて覆われていることです。退去時に大損しないように、入居する直後に畳やふすまを外し、コーティングして部屋の隅にまとめています。家具は「ちゃぶだい」と衣装ケースなど必要最低限のものだけです。官舎の修繕基準はまちまちで、退去時に何度も数十万単位の請求で大泣きし、せっかく買った家具を捨てざるを得なかった過去が家族を変えたようです。

 このご家族は次の異動費用を賄うために毎月1万を貯金しているという話でしたが、転勤貯金が貯まっていないと持ち出しになります。若い頃は預貯金もないので異動費用の立て替え払いに借金するようなこともあったそうです。引っ越し代金は立て替え払い後の清算ですが、給料がまだ多くない若い幹部は大変です。

 この「引っ越しビンボー徹底予防策」生活は合理的ですが、「日々の暮らしの和み」がない殺伐とした生活は味気ないものだと思います。また、日々の生活は心を和ませる雑貨やゆったりと過ごせる家具たちが彩ってくれるものです。国家公務員はさまざまな地方に異動になりますが、これでは地方経済への貢献も少ないのではないでしょうか?

 もちろん、このご家族はかなりレアです。が、転勤が多い幹部自衛官とその家族は、いつも次の異動におびえているのではないでしょうか。私の友人の幹部自衛官のご夫婦は、普段は仲睦まじいのですが、異動になると必ず大喧嘩になるのだそうです。家族の仲たがいを誘発する異動。「その異動は本当に必要ですか?」って聞きたいものです。

◆引っ越しビンボーの仕組み

 引っ越しビンボーになる理由は大きく3つあります。

(1)引っ越し代の自腹負担
(2)入居住宅の退去時の原状復帰費用の負担、もしくは、賃貸住宅契約時の敷金・礼金負担
(3)引っ越しに伴うさまざまな物品の購入費用


 このうち(1)については、自民党防衛部会で何度も協議され、財務省などの大きな反発もありましたが、前述したようにやっとほぼ満額支払うよう制度改正できたようです。財務省に承諾させるにはさぞかしご苦労があったと思います。そこで、残り2つを解決して「引っ越しビンボー問題」に終止符を打ちたいものです。

 目に見えない引っ越しに伴う費用負担とは、「換気扇やガス器具」が自前という官舎が多く、プロパンや都市ガス、換気扇の大きさなど規格統一されていないので毎回違うものを買わなくてはならないからです。大量のガス湯沸かし器や換気扇を持ち歩いている人もいます。このご家族の保持している「セカンド湯沸かし器」(下写真)は撮影しました。カーテンもサイズも異動のたびに長さや広さの違うカーテンが必要で四苦八苦するようです。

 お子さんがいればその学校にあった体操服や制服などの買い替え費用がかかります。しかも、共働きで生活費を補おうにも異動のサイクルが短ければ仕事もなかなか見つかりません。パートを転々としないといけないのですが、転勤族の妻とわかるとなかなかパートの採用のハードルも上がります。どうせ仕事を覚えたころには転勤するからダメと言われたこともあるそうです。住み慣れた場所を離れ、見知らぬ土地に数年おきに行かなければならない心的ストレスから、うつ病などの病気になるご家族もいると聞きます。

◆2年おきの全国転勤と不妊治療

 知人の話です。

「妻も40歳近く、腰をすえて不妊治療をしたいから、しばらく異動は堪忍してくれませんか? 私たち夫婦も子供がほしいです」と職場の上司に頼み込んでみたAさんは、「不妊治療なんてどこででもできる。甘えるな」と、さらなる異動を命じられました。

 しかし、不妊治療はかかりつけの医師を決め、夫婦が両方のデータを見ながら腰を据えて取り組む治療です。しかも、心身ともにストレスの少ない環境が必要とされています。仕事を理由にそこまでの犠牲を強いるのはあまりにも酷です。

 大企業では、社員の希望を聞いて全国単位の異動を控えるところも増えています。たとえば、引っ越しの頻度を2.3年に一度から5年以上のスパンに変えるだけで状況は劇的に変わりますし、予算もないのに、そんなに全国ぐるぐる回さなくてもいいんじゃないかと思います。一か所に腰を据えて地域や担当部署を掌握することも大事です。

 菅義偉新総理は「不妊治療に保険適応を!」と総裁選のときに語ったそうです。頻繁な異動のせいで不妊治療すらできない公務員の家族を救ってあげてほしいものです。少子対策の一環としても、数年に一度という国家公務員の全国異動の条件を緩和してはいかがでしょうか?

◆よい仕事は暮らしの安定から

 そもそも国が公務員住宅の老朽化を改善せず放置した結果、現状修復費用が高くなり、公務員とその家族に負担をかけています。異動の回数を減らし、その分を官舎の改修や拡充、引っ越し経費の補填に充てれば、問題は改善されませんか? 士気も上がり、離職率も下がり、少子化対策にもつながります。地方にいる転勤族の人たちが、腰を据えて家具や電化製品を買うようになれば、経済ももっと回ると思うのですが……。

小笠原理恵】
国防ジャーナリスト。関西外語大卒業後、広告代理店勤務を経て、フリーライターとして活動を開始。2009年ブログキラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)」を開設し注目を集める。2014年からは自衛隊の待遇問題を考える「自衛官守る会」を主宰。自衛隊が抱えるさまざまな問題を国会に上げる地道な活動を行っている。月刊正論や月刊WiLL等のオピニオン誌にも寄稿。日刊SPA!の本連載で問題提起した基地内のトイレットペーパーの「自費負担問題」は国会でも取り上げられた。『自衛隊員は基地のトイレットペーパーを「自腹」で買う』(扶桑社新書)を上梓

―[自衛隊ができない100のこと/小笠原理恵]―