突然だが、みなさんの家の周りに理不尽なご近所さんはいないだろうか。

今回紹介するご近所トラブルは、宮城県に住むIさん(30代性別不詳)から寄せられたエピソード。自宅の前でボール遊びする隣家の子供と、その親の対応に理不尽さを感じているという。

Iさんの駐車場に車が停まっていたとしても、何も気にせず遊ぶ子供。もし、ボールが車に当たったら...最悪だ。

そんな子供にも、ボール遊びをしない条件があるという。それは自分の家に、父親の車が停まっている時だ。

この状況に、Iさんは

「どうやら自分たちの車が傷つけられるのは、自分の子供であっても許せないようです」

と推測。隣家の住民は、他人の車の事情なんて気にも留めないご近所さんのようだ。

「親が親なら子も子...。子が子なら親も親でした」
なぜ私の家の前で玉蹴りするの...?(画像はイメージ)
なぜ私の家の前で玉蹴りするの...?(画像はイメージ

お隣に住んでいる子供が、自分の家の前では遊ばず、私の家の前で遊びます。

車が停まっている前でボール遊びをして困っています。

おまけに、自転車を自分の家に停めずに、私の家の駐車場の前に停めるんです。

帰宅した時に、車を駐車場に入れられなくて困ります。

子供の親に、困っている話をしましたが、やはり話になりませんでした。

親が親なら子も子...。子が子なら親も親でした。それ以降は注意をするのをやめました。

その子の親は、私の車に当たっても構わないという考えのようです。

子供がボール遊びをするのは、お隣の家にご主人の車が停まってない時。

ご主人の車がある時、子供はボール遊びを全くしないのです。

どうやら自分たちの車が傷つけられるのは、自分の子供であっても許せないようです。

小学生の高学年なので、もっと広い場所でボール遊びをすればいいのにと思いますし、親も広い場所で遊ぶように言ったらいいのにと思いました。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

メールtoko@j-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

なぜ私の家の前で玉蹴りするの...?(画像はイメージ)