SNSを利用していると、ふと「これはイタい!」と思うプロフィール写真に出くわしたりしませんか? うまく言えないけど、ちょっと笑っちゃうような、イラっとするような......。そんな「アイタタ!」な、プロフィール写真にはどんなものがあるのか。一挙ご紹介致します。

キメ顔自撮り
「ドアップのキメ顔写真はただひたすらにキモい。いい加減やめてほしい」(25歳/女性/出版)

もはや、これは言わずもがなですよね。男性で、眉間にシワを寄せる感じにしている人をたまに見かけますが、あれは何にキレてらっしゃるのでしょうか。また、女性だと、ものすごい白熱灯の下でやたら目を強調したアップショット。いわゆる詐欺写メってやつですね。あれも見た瞬間、「この子ナルシストなのかな?」という気持ちになります。

●海岸でみんなで手を繋いでジャンプ
「このアングルの写真は正直見飽きたし、いかにも『青春してます!』ってアピールがうっとうしい」(27歳/男性/販売)

修学旅行のときとかやりましたよね。海でなくても、なんか景色の綺麗なところを背景に、みんなでせーのでジャンプしてね。うん、確かに見飽きました。

●加工しすぎのプリクラ
「男も女も、あんなに目がデカくなるなんて、今のプリクラは正直酷い。一昔前のほうがまだよかった」(21歳/女性/大学生

最近のプリクラは、信じられないくらい画像処理が施されますよね。現実との落差が激しすぎて、落ち込みそうなものですが。プロフィール写真に設定した日には、周りから「こんな顔してないよね?」って言われちゃいそうです。

●口元だけ隠している
マスクとか、手で顔の下半分隠しているプロフィール写真。上半分は自信あるっていう魂胆が見えて嫌だ。口元隠せば、大抵の子は可愛いし」(27歳/女性/事務)

あえて、顔の一部を隠すプロフィール写真、ありますよね。自信があるようでいて、結局すべてをさらけだす勇気はないんですよね。もっと堂々としてもらいたいものです。キメ顔よりも、タチが悪いです。

●「DQNな俺」を自慢した写真
「悪そうな仲間とタバコを吸ってる姿とか、すごい派手なヤン車とかの写真がプロフィールにあると、それだけで引く。たとえ友達でも、リアルでは関わりたくないと思う」(27歳/男性/IT)

プロフィール写真は、言ってみればその人を一発で表現するものですから。悪い印象を与えるような写真を使うのは避けたいところです。

いかがでしたでしょうか。辛辣な意見もありましたが、決して全て否定しているワケではありませんよ。多かれ少なかれ、「アイタタ!」と思っている人もいるというだけです。あくまで筆者のリサーチによる独断と偏見なので、あしからず。自分をうまく表現できていれば、それが一番です。ごちゃごちゃ煩わしいな......と思うなら、いっそSNSを辞めてしまうのも一つの手ですよ!

文●ホーリーナイト(清談社)

調査時期:2013/9/30~10/9
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:366人(インターネットログインアンケート)

「今日○○食べた」投稿はやっぱりダメ!? 社会人のSNS活用術