ワーナー・ブラザーズが、主演俳優のロバートパティンソンの新型コロナウイルス感染により中断していた「ザ・バットマン」の撮影再開を発表した。米バラエティが報じている。

同作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月に撮影を中断していたが、撮影地イギリス国内での感染者数減少に伴い、9月1日からロンドン近郊のリーブスデン・スタジオで撮影を再開した。しかしその2日後、ワーナーが「クルーのひとりが新型コロナウイルスに感染したため、規定に従い隔離したうえで、製作を中断いたします」と声明を発表。感染者の名前や病状は公表しなかったが、米バニティ・フェア誌の第1報とその後の調査により、それがパティンソンであることが判明していた。

そしてこのほど、ワーナーの広報担当は声明で、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための隔離措置を経て、中断していた英国内における『ザ・バットマン』の撮影を再開いたしました」と宣言。依然としてパティンソンの名前を出すことは避けたものの、同紙によれば、パティンソンおよび濃厚接触者数名は、規定どおり2週間の隔離生活を過ごしたのち、全員が検査で陰性と判定されたことを受け、撮影再開にゴーサインが出たという。

また、同誌が関係者から入手した話によると、休止に追い込まれた3月までに撮影を終えていたのは全体のわずか25%だそうで、2021年10月1日に予定されている全米公開に間に合わせるためには、急ピッチでの作業を迫られることになりそうだ。

猿の惑星:新世紀(ライジング)」のマットリーブス監督がメガホンをとる同作には、ブルースウェイン/バットマン役のパティンソンのほか、リドラー役でポール・ダノ、ゴードン警部役でジェフリー・ライトキャットウーマン役でゾーイ・クラビッツ、ペンギン役でコリン・ファレル、アルフレッド役でアンディ・サーキスが出演する。

撮影が再開! Photo by Stephane Cardinale - Corbis/Corbis via Getty Images