富士山で氷点下 初冠雪について

画像

秋雨前線に伴う雨雲が、きょう20日(日)午前中を中心に近畿から関東の太平洋側にかかりました。富士山付近にも秋雨前線に伴う雲がかかり、富士山では気温が氷点下の状態が続いています。このため、雪の降っている可能性があります。

富士山の初冠雪の平年日は9月30日。初冠雪とは、対象とする山の一部が雪等の固形降水により白くなった状態が初めて見えたときとしています。甲府地方気象台が富士山の初冠雪について観測をおこなっています。

あす21日(月)は、山梨県内も天気が回復する予想です。富士山山頂では雪を姿となっているかもしれません。

なお、富士山の初冠雪の最も早い記録は8月9日(2008年)、最も遅い記録は10月26日(1955年2016年)です。

富士山で氷点下 初冠雪について