日本将棋連盟による9月21日週の公式戦は、21日に叡王戦七番勝負の第9局が開催。歴史的なロングシリーズに決着がつく。また22日から王将戦挑戦者決定リーグが開幕。いきなり藤井聡太二冠と羽生善治九段という注目カードが組まれている。主な対局は以下のとおり。

9月21日月曜日

叡王戦第9局 永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王 (ニコニコ生放送・ABEMA・携帯中継)

 千日手1局、持将棋2局で、都合10局目までもつれ込んだ叡王戦七番勝負。勝者が叡王のタイトルを手にする。持ち時間は各6時間で、先手は豊島竜王。千日手持将棋が成立した際には、当日に指し直しとなる。

9月22日火曜日

竜王戦6組昇決 古森悠太五段 対 渡辺和史四段 (携帯中継)
王将戦挑決リーグ 藤井聡太二冠 対 羽生善治九段 (将棋プレミアム・携帯中継)

 藤井二冠は前期、あと1勝でタイトル挑戦のところで逆転負けを喫した。羽生九段は先日、竜王戦で2年ぶりにタイトル挑戦を決めており、この王将戦でも開幕戦勝利で勢いをつけたいところだ。対戦成績は、藤井二冠の4戦全勝。持ち時間は各4時間。

日本シリーズ2回戦 渡辺明JT杯覇者 対 高見泰地七段 (ABEMA・携帯中継)

 名人・棋王・王将と3つのタイトルを持つ渡辺JT杯覇者が、2回戦最終局でついに登場。将棋界の頂点に立ち“現役最強”とも呼ばれる棋士が、最速の公式戦で連覇を達成できるか。持ち時間は各10分、切れたら1手30秒未満で、考慮時間が各5分ある。

9月23日水曜日

王位戦予選 中村修九段 対 近藤誠也七段 (携帯中継)
王位戦予選 佐藤紳哉七段 対 阿部健治郎七段 (携帯中継)
王位戦予選 神崎健二八段 対 里見香奈女流四冠 (携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 島本亮五段 対 西田拓也四段 (携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 中村亮介六段 対 島本か西田 (携帯中継)

9月24日木曜日

王座戦第3局 永瀬拓矢王座 対 久保利明九段 (Paravi・ABEMA・携帯中継)

 永瀬王座は21日に叡王としても対局があり、同一週にタイトル戦2局目。コンディションを整えて、初防衛に王手をかけられるか。久保九段も勝てば久々のタイトルにあと1勝と迫る。持ち時間は各5時間で、先手は永瀬王座。

王位戦予選 及川拓馬六段 対 八代弥七段 (携帯中継)
王将戦挑決リーグ 佐藤天彦九段 対 広瀬章人八段 (将棋プレミアム・携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 服部慎一郎四段 対 宮本広志五段 (携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 村山慈明七段 対    服部か宮本 (携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 船江恒平六段 対 伊奈祐介七段 (携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 出口若武四段 対 船江か伊奈 (携帯中継)

9月25日金曜日

順位戦A級 佐藤康光九段 対 稲葉陽八段 (携帯中継)
順位戦A級 菅井竜也八段 対 斎藤慎太郎八段 (ABEMA・携帯中継)

 今期からA級に参加、八段昇段を決めた同士の対決。菅井八段は1回戦で羽生九段に敗れたものの、2回戦で豊島竜王を下し、星を五分に戻した。斎藤八段は開幕から順調に2連勝。勢いそのままに3連勝できるか。持ち時間は各6時間で、先手は斎藤八段。

王位戦予選 三浦弘行九段 対 渡辺和史四段 (携帯中継)
王位戦予選 佐々木勇気七段 対 谷合廣紀四段 (携帯中継)
王位戦予選 糸谷哲郎八段 対 古森悠太五段 (携帯中継)
王将戦挑決リーグ 豊島将之竜王 対 木村一基九段 (将棋プレミアム・携帯中継)

9月26日土曜日

マイナビ女子オープン予選 和田はな女流2級 対 宮宗紫野女流二段 (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 室谷由紀女流三段 対 大田暖乃アマ (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 小野ゆかりアマ 対 藤田か本田 (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 中井広恵女流六段 対 山口仁子梨女流2級 (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 加藤結李愛女流初段 対 石本か中村 (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 松下舞琳アマ 対 渡部愛女流三段 (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 野原未蘭女流2級 対 上田初美女流四段 (携帯中継)
マイナビ女子オープン予選 香川愛生女流三段 対 武富か水町 (携帯中継)
(写真提供:日本将棋連盟
将棋・9月21日週の主な対局 叡王戦が決着 22日の王将戦リーグ開幕戦は藤井二冠 対 羽生九段