タレントウエンツ瑛士が21日、都内で行われたアニメ映画トロールミュージックパワー』(10月2日公開)完成披露舞台あいさつに登壇。イギリス留学から帰国後すぐの仕事で不安があったと告白した。

【動画】上白石萌音&ウエンツ瑛士ら「トロールズ」劇中歌をノリノリ熱唱!

 イベントには日本版キャスト上白石萌音仲里依紗、ミキ(昴生、亜生)も出席した。

 本作の吹き替えのオファーについて、ウエンツは「帰ってきてからお話しをいただいた」と明かし「『大丈夫かな?』と思ってましたよ。帰ってきた直後で、僕が留学中に怠惰な生活を送ってたかもしれないじゃないですか。なのに声をかけていただいて。これはもう期待に添えるように頑張りますという気持ちで(受けた)」と心境を明かした。

 しかし本作はアメリカの映画のため、ミキの2人は「キャスティングミスやん!」とツッコミアメリカ版で声優を務めたジャスティン・ティンバーレイクが来るよう強く求めたが、ウエンツから「ジャスティン・ティンバーレイクさんがここに来てたら、一言もしゃべらないでしょ?」と言われ、「何の質問していいかわからん」とタジタジだった。

 最後は、登壇者全員で劇中曲をメドレーで披露した。

 本作で上白石が演じるのは、元気でポジティブだが、楽天家で無鉄砲なところもあるポップ族の女王になったポピーウエンツポピー幼なじみで、実はポピーのことが大好きなブランチを演じる。ほか、仲が2人の前に立ちはだかるロック村のバーブ女王、お笑いコンビ・ミキの昴生が、中世の音楽家をほうふつとさせる愛らしく人気も高いキャラクターの指揮者・トロールツァルト。亜生が、案内役でありながらシニカルで、本作のストーリーテラー的な役割もあるクラウド・ガイを担当している。

イギリス留学から帰国後すぐの仕事で不安があったと告白したウエンツ瑛士 (C)ORICON NewS inc.