今や、一定規模以上の企業ではよく実施されている管理職向けのハラスメント研修。しかし、学校などの教育機関では必ずしも行われているわけではありません。

研修
画像はイメージです(以下同じ)
「学校教員の研修はどうしても対生徒に特化したものが多いです。そうした環境だから、民間企業なら完全にアウトセクハラパワハラが今だに横行していたりします」

善意で引き受けたのが間違いだった

 そう告白するのは、私立高校教師の島谷大輔さん(仮名・28歳)。実は、彼自身も2年ほど前まで教科主任からのパワハラに苦しんでいたといいます。

「相手は私が赴任1年目から3年間、副担任を務めたクラスの担任教師のサトウ先生(仮名)。一般企業のような新入社員研修はないですし、授業やその準備以外にも、教員としての膨大な雑務を仕事をしながら覚えていくほかありません。サトウ先生はそんな私に最初はすごく丁寧にいろいろなことを教えてくれました。けど、彼は次第に自分の仕事の一部を『ちょっと手伝ってくれないか?』と一方的に私に回してくるようになったんです

 それでも、右も左もわからなかった島谷さんに仕事をアドバイスをしてくれたのは事実。その恩を少しでも返したくて、言われるがままに頼まれる雑務をこなしていました。ところが、従順なのをいいことにサトウ先生は、さらに大量の仕事を押し付けてきたそうです。

キャパを超える仕事を押し付けられ…

残業

自分のクラスで配布するプリントなんかもざっくりとした指示だけで、ほとんどを私が作るようになっていました。担任不在の時以外、私がホームルームに行くことはないため、生徒たちも私が作ったプリントとは思っていなかったはずです。さすがに私もアレッ? と感じることがいくつもあって、いいように利用されているんじゃないかと思うようになったんです」

 ただでさえ教師は仕事量が多く、そのうえでクラス担任に命じられた仕事もこなしていた島谷さん。学校だけでは仕事を終わらすことができず、自宅に持ち帰って仕事を続けていました。

 そのため、平日は力尽きて自宅のベッドに潜り込むような日々。仕事終わりにどこかに寄ったりプライベートを楽しむような余裕はまったくありませんでした

部活の仕事は無関係だったのに…

「ありえないと思ったのは、担任が顧問を務める運動部の部員やその保護者に配るプリントを作らされたこと。担任としての仕事ならともかく、私はそのクラブとはまったくの無関係です。けど、この担任はちょっと威圧的なオーラを出していて、私が代わりに作ったプリントにダメ出しの連続で、やり直しとか平気でさせてくる。恥ずかしい話ですが、それにビビッてしまい、直接本人に『もう頼み事をしてくるな!』とか言える勇気はありませんでした」

 しかも、赴任2年目を終えるころには激務で心身ボロボロ。なりたくて就いたはずの教師ですが、「いっそこのままやめたほうが……」と思うほどまで追い詰められていました。ただし、やめる覚悟ができたことで、いい意味で開き直ることができたといいます。

教育委員会に体罰動画を送りつけた

倍返し

「実は、以前から教頭にも『なんとかしてほしい』と相談していましたが、担任が顧問を務める運動部は全国大会の常連。県内では有名な指導者で、彼の指導を求めて生徒が集まってくるほどでした。学校の知名度アップにも貢献していましたし、担任は職員室内でもアンタッチャブルな存在。でも、彼には大きな弱点がありました。部活の教え子に体罰を振るっていたんです

 もともと撮影に関する知識とスキルを持っていたそうで、体罰の決定的瞬間の盗撮に成功。その動画を匿名の保護者を名乗り、学校宛にメールで送ったそうです。

「放置した場合、県と市の教育委員会に同じメールを送ると書きました。すると、学校も焦ったのか担任に対して指導禁止の処分を下したんです

強気なキャラから一転して…

中年 おじさん

 これは対外的には公表されず、処分もすぐに解けたそうですが、担任はこの一件で懲りたのか以前のような強気なキャラから一変。「弱々しい年相応のおじさんになってしまった」と島谷さん。

「このタイミングで私も勇気を振り絞り、『これからは自分の仕事は自分で行ってください』と担任に言いました。不満そうでしたが、これ以上問題が公になるとマズいと思ったのか、それからは以前のように強引に仕事を押し付けてくるようなことはなくなりました」

 今も相変わらず忙しいそうですが、副担任のときのように仕事をやめようとは思わなくなったとか。

「あのまま泣き寝入りすれば、間違いなく自分は学校をやめていました。今となってはもっとスマートなやり方があったとも思うし、教師として生徒に胸を張って言えるような方法ではなかったかもしれませんけどね(笑)

<取材・文/トシタカマサ イラスト/田山佳澄>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中