お笑いコンビサンドウィッチマンの富澤たけし(46歳)が9月20日、公式ブログを更新し、タレント・おばたのお兄さん(32歳)の“物申す”動画に反応した。

おばたは先日、「サンドウィッチマン富澤さんに物申す!」と題した動画を、自身のYouTubeチャンネルで公開。

ここ最近、「Nizi Project」(虹プロ)から生まれた9人組ガールグループNiziU (ニジュー)の総合プロデューサーを務めるJ.Y. Park氏のモノマネが大ヒット中のおばたは、8月15日に行った自身のライブで、“バイトの面接に行くと、そこにJ.Y. Park氏(コンビニ店長)がいた”という設定のネタを披露、自分の中でも手応えを感じていたという。

すると、8月29日に放送していた番組で、サンド富澤、伊藤沙莉かまいたち濱家の3人で、全く同じ設定のコントをやっているのを見かけたそう。

そのため、動画では「今後、僕がどこかで(このネタを)やったら、『あれ、おばたパクったなってなるじゃないですか」と懸念を語り、「どっちが早いとか、どっちが悪いとかじゃないんですけど、サンドウィッチマン富澤さん、あのネタ…僕にください!」「それしかないんですよ、僕。あなた売れてるでしょ。濱家さんも売れてるからいいじゃないですか」と頭を下げていた。

この動画を受け、富澤は「おばたのお兄さんへ」と題したブログを更新し、「さて、おばたのお兄さんが動画で僕に物申していたのを見ました。特番の『ただ今、コント中。』でやったJ.Y. Parkさんのネタがかぶっていることについてです」「作家さんが書いたネタで、コンビニの店長がJ.Y. ParkさんのマネをしているT.T. Park、という物ですが、確かにネタ自体は何ヵ月か前にできていて、これをやるとなってから改良して稽古してなのでパクったとかではなく、かぶってしまったのだと思います」とコメント

そして「芸人はみんな経験があると思いますが、いいネタでも先に似たことやかぶってしまっていて先に誰かがテレビでやっていたらパクったと思われるのが嫌だから泣く泣くやめることもしばしばです。事前に誰かやっていないか調べたりしますが、芸人の全てのネタを調べられないので後からかぶっていることがわかるパターンもあります。このネタをやるにあたり、僕はJ.Y. Parkさんを知らなかったので資料をもらって理解し、モノマネをしている人も何人かいたので参考にさせてもらいました。もちろんおばたのお兄さんモノマネも参考にさせてもらいましたよ!助かりました!夜な夜な鏡を見ながら練習し、番組終了後は似てると言ってもらえたので報われました」と語る。

その上で、「今回ネットニュースでおばたのお兄さんの記事を見つけ、動画を見てすぐにコント中のスタッフさんにいいですか?と確認したところ、『見ました!さしあげましょう笑』と返事が頂けた」そうで、「今後は堂々とコンビニネタをやって下さい!僕もそのネタを見られるのを楽しみにしていま〜す!」と、おばたに熱いエールを送った。