マイクロソフトは公式ブログXbox Wireにて、米国のゲーム企業Zenimax Mediaの買収について合意に達したと発表した。業界ジャーナリストとして有名なJason Scheier氏は、買収額は75億ドルだったと伝えている(参考ツイート)。

 またBethesda Game Studiosの代表的なゲームデザイナーTodd Haward氏も公式サイトで買収合意に達した件に触れ、The Elder Scrolls III: MorrowindXbox版から続いたXboxとの協調関係につい振り返っている。

 Zenimax MediaBethesda Softworksの親会社としても知られている。Bethesda Game StudiosFalloutスカイリムに代表されるThe Elder Scrollsは、多くのゲーマーが知るシリーズだろう。

 またDOOMのid SoftwarePREYおよびDishonerd』Arkane StudiosサイコブレイクTango GameworksもBthesda Softworksの傘下である。
 参考までに、今回Xbox Wireで触れられたスタジオゲームシリーズリストは以下のとおり。

■今回Xbox Wireで名前が挙げられたスタジオ
Bethesda Softworks
Bethesda Game Studios
・id Software
ZeniMax Online Studios
Arkane
MachineGames
Tango Gameworks
Alpha Dog
・Roundhouse Studios
※総勢スタッフ 2300名

■今回Xbox Wireで名前が挙げられたフランチャイズ
The Elder Scrolls
Fallout
Wolfenstein
DOOM
Dishonored
Prey
Quake
Starfield

 今回の買収契約によって、これらのデベロッパーすべてとフランチャイズマイクロソフトTeam Xboxの傘下へと入ることになる。

 ただし一方で、同デベロッパーの作品がXboxコンソール限定になるのかといった点については今回の発表では触れられていない。Arkane Studiosの新作DeathloopなどコンソールにおいてPS5限定と発表されている作品もあり、それらがどのようにリリースされるのかは今後の続報を待ちたい。

 現時点でXbox Wireにて明確に明らかにされているのは、Bethesda Softworksの主要なフランチャイズXbox Game Passへと追加されるという意向のみとなっている。

Xbox Wire(英語)はこちら

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter@ishigenn