日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。

今回は兵庫県難読地名

「宍粟」

この地名、どう読むか分かりますか?

ヒント:し○○
ヒント:し○○

答え

「しそう」

県中西部にある市名。市中心部の鹿沢(しかざわ)が、古くは「ししさわ」と読まれたことが由来とされる。それがししあわに転じ、「宍粟」という漢字が当てられ、それがさらに転じて「しそう」という読みになったと言われている。

ヒント:し○○