コロナ渦で仕事が見つからなくて、SNSで詐欺に合い、180万の負債を負いました......」と悩みを吐露する人がいた。SNS上で「緊急でお金が欲しい方!即日即金&着金!」と書かれているアカウントに応募したのがきっかけだと話す。結果、190万円の借金を追うことになった。一体、なにが起きたのか。SNS「資金調達」の実態を取材した。

コロナで仕事が...お金が尽きて「資金調達」に応募

5月下旬、SNSで詐欺にあったという男性と出会った。田中たくやさん(仮名)。20代半ば。

「つい最近のこと。コロナ渦で仕事が見つからなくて、SNSで資金調達を謳っているアカウントに連絡をしました。そしたら180万の負債を負いました...」

田中さんになにが起きたのか。

2020年3月まで、テニスクラブコーチをしていました。実家の農家を継ぐため退社。ところが、コロナにより農家は畳むことに。求職活動をしたものの、仕事が見つからなかった」

親は高齢になり、相談はできない。そこで、写真共有アプリInstagramインスタグラム)で偶然見つけた「資金調達」と名乗るアカウントに、連絡をした。

連絡をして6時間後、「良ければ詳しくお話ししたいのでラインからご連絡お待ちしています」と返答が来た。田中さんから通信アプリLINEライン)の会話を見せてもらう。そこにはこう書いてあった。

「弊社ではカード融資案件と時計案件をやっております。年齢、職業、cic(個人借入信用情報)によりますが属性がいい方ですと500万~1000万程つくれます。若い方ですと100~800万つくっている実績があります。手数料は資金調達できた全体の額から25%になりますが、全て成功報酬ですので、資金を作れなかった場合は一切いただきません(原文ママ)」

そのあと、田中さんLINEを使った電話で、「牧野」と名乗る女性と1時間ほど話す。資金調達の仕組みの説明だった。

求職中の田中さんは、時計ローンがいいと提案を受けた。内容は、高額な時計を買い、それを転売することでお金をもらうものだった。転売は「資金調達グループ」の一味だと名乗る人が行うという。

その後、会社代表の「松本つばさ」と名乗る人物と約60分電話をすることに。会社としての簡単な審査が行われた。審査には無事通過したという。田中さん側の受け取る金額を減らせば、「即日着金も対応する」と言われたという。

2日後、関内駅の近くにあるカフェで、「かずき」と名乗る30代男性と合流した。午前中のこと。30分ほど、どの時計を買うかの流れの説明を受けた。そのあと、徒歩10分くらい先にある店舗へ共に向かった。

店内に入ったのは田中さんのみ。「かずき」は外で待機していたという。

事前の打ち合わせで「かずき」が指定した時計は、約240万円するもの。無職の田中さんは審査が通る可能性は低い。打開策として、田中さんは「かずき」から60万円を受け取ったという。前金として払うためのお金だ。

前金の60万円を引いた約180万円分を、田中さんは60回ローンで契約。「資金調達グループ」から、90万円を受け取る約束をしたという。時計は、購入後に店の外で「かずき」に渡した。

100万円近い金額が中抜きされている。自分へのメリットは少ないため、断らなかったのか。当時の様子を、どうしてもお金が欲しかったと田中さんは話す。

「とにかくとにかくお金が欲しく、金額の差が大きいことは頭になかった。家の電気ももうそろそろ止まる。すぐにお金が欲しかったんです」

「警察には相談できません。捕まる恐れが...」

数日後、相手側から振り込んだと連絡が来た。けれども、一向に口座には反映されない。それから1週間が経ったものの振り込まれるどころか、今は電話すら繋がらないという。

記者が電話をしてみると、「この電話番号は電源が入っていないか、電波の届かない場所にいるため、掛かりません――」と受話器から聞こえた。

警察へは行かないのか。

「警察には相談できません。捕まる恐れがあるから。偽造の源泉徴収票を作ってもらい、消費者金融からお金を借りました。19万円ほどかな」

田中さんの話はこうだ。時計の換金を勧めてきた「資金調達グループ」に1万5千円を払い、偽造の源泉徴収票を作成してもらったという。大手消費者金融では、借入の審査がある。無職の場合、審査に通ることは難しくなるので、田中さんがその企業で働いているように見せ、審査を通過させることを目的とするものだ。

実際にその源泉徴収票を見せてもらった。田中さんの受け取る給料は年収510万円と記載。支払者は、東京都渋谷区オフィスを構えるベンチャー企業S。サイトを見ると、代表は30代前半の男性T。ツーブロックを入れており、ベリーショートの黒髪をしている写真が掲載されている。

電話が一切繋がらない「資金調達グループ」。何か手がかりを入手できないか。実際にオフィスへ向かった。

手がかりを握る人物を探すと...

渋谷駅西口から歩いて10分。ヒカリエを通り過ぎたところにある雑居ビルの7階に向かった。

そこに株式会社Sはなく、別の会社Yがテナントを使っていた。会社Yに株式会社Sのことを聞いてみると、事業責任と名乗る男性が対応した。20代後半に見え、髪は茶色と明るい。

株式会社Sはこの企業の前身です。僕も在籍していました。前の代表(T氏)が飛んでしまって......。今年の4月に会社を一新して、僕が担当をしています」

当時の株式会社Sを知っていると話す男性。田中さんが受け取った偽造の源泉徴収票を見せると、「田中さんなんていなかった」と話す。

株式会社Sの代表Tはどんな人物だったのか。

「穏やかな人ですよ。ただ、お金に困っている噂ですよ。(違法行為は)もしかしたら...。遊びで借金を3000万ほど作っていたとも聞いています。そんなこんなで会社から急にいなくなったので。電話番号は分かりますよ。ただ僕が掛けても電話は繋がりません。向こうが出ません。今住んでいる場所は分かります。ウチに家賃の督促状が届いたので」

家賃督促状に書かれた住所は、西新宿にある高級マンションの25階。外観は全てガラス張りで、都内では名の知れている物件だ。はがきには家賃は37万5千円と記載されている。

何度か電話にかけても出る気配は全くない。すぐに自宅を訪ねることにした。

マンションのロビーには、コンシェルジュが2人。24時間体制でタクシーの手配や、宅配便の受け渡しをしているという。指定の用紙に身分の詳細を記載しコンシェルジュに渡すことで、呼び鈴を鳴らしてもらえる。

18時半にインターホンを鳴らしてもらうと女性が出る。「Tさんはいません。19時以降に来てください」と回答。19時以降に鳴らしたものの、出ない。19時半、20時になってもインターホンは繋がらないまま。次の日もその次の日も訪れたものの、インターホンスピーカーから人が出ることはなかった。

代表Tと「資金調達グループ」の関係は。「源泉徴収票や時計詐欺」に関する質問状をマンションに投函している。回答が戻って来次第、詳報したい。

ジャーナリスト 板垣聡旨)

「資金調達」アカウントの実態とは?(イメージ)