高級車として知られるレクサス「LC500」をベースにしたパトカーが、栃木県警察に配備されました。不謹慎だけど、ちょっと乗ってみたい……!

【画像】GT-Rに続いてパトカーになったレクサス

 LC500レクサスフラグシップにあたるラグジュアリークーペ。2020年6月には派生型のコンバーチブルモデルも登場しています。

 パワートレインに5.0リッターのV8エンジンと10速ATを組み合わせたモデルに加え、3.5リッターのV6エンジンに電動モーターを搭載したハイブリット仕様も用意しており、価格は1400万円からとなっています。

 そんなパワフルなLC500ベースにしたパトカーは、警察が購入したものではなく、栃木県の会社役員の男性から寄贈されたもの。この男性は2018年にも栃木県警に日産「GT-R」を寄贈しており、今回のレクサス同様に「スーパーパトカー」として活躍しています。

 栃木県警の広報用Twitterによれば、LC500 パトカーは県警交通機動隊に配備され、「各種イベントでのお披露目があるかも」とのこと。楽しみですね!

栃木県警に新スーパーパトカー「レクサス LC500」登場。寄贈式の様子