cover_e17


 個人的にはぎりぎりセーフだと思うのだが、住民的には大アウトだったようだ。

 このほどモロッコの漁業の町、街の新たなシンボルとして2匹の大きな魚の彫像物が作成された。

 ところが、これが「大きないちもつ」にしか見えないと住民らから苦情が殺到し、完成間近という段階で、取り壊されることになってしまったという。

―あわせて読みたい―

なぜ古代彫刻像の息子スティックはあんなにも小さいのか?科学的に検証する。
保守的な町なんだけど・・・息子スティックケーキ(ペイストリー)がマスコット的存在となったポルトガルの町
ガチだった。高級ブランド、イヴ・サンローランが息子スティック型ジュエリーを販売中
偶然そうなったのか?狙ってたのか?頭の中がざわついてしまう世界15の遊具
イタリアの古代都市遺跡「ポンペイ」の壁や通りのあちこちに石造りの息子スティックが。いったいなぜ?

漁業の街のシンボルとなるはずだった魚の彫像

 モロッコのケニトラ州にあるメディア市は海沿いにある漁業が盛んな所だ。

 2019年の夏の選挙で新しくなった市議会議長は「街をリフォーム」というテーマをもと、幹線道路のロータリーに漁業の街のシンボルとなる魚の彫像を建立することを決定した。

 その作業が地元の男性彫刻家により手掛けられていたのだが、完成間近という段階になって、取り壊されることになった。

ناس قنيطرة والمهدية قالو ليهم بغينا شوية الإصلاحات في مدينتنا... جابو ليهم المسؤولين تمتال علي هاد الشكل.... 🤔

Posted by ‎كازا الحضارة Casa Civilisation‎ on Thursday, 17 September 2020

 彫刻家は、2匹の魚がまるで水を元気よく撥ねているかのような躍動感あふれる彫像を作り上げていった。一部メディアの報道によると、最終段階では、ブロンズ色に魚が塗られる予定だったという。

大きないちもつにしか見えない!苦情殺到で急遽取り壊しに

 ところが、着色前の魚の色と形状が、市民たちによからぬ連想させてしまったようだ。「大きないちもつにしか見えない!」

 こうした苦情がSNSを介して市の自治体に殺到。更には、「税金の無駄遣いをするな」という批判も相次いだ。

 結果、完成間近の彫像は彫刻家の手により取り壊されることになったわけだが、彼にとってはおそらく無念だっただろう。

2_e7


 そして現在、ロータリーには魚2匹がすっかり取り除かれ、土台部分だけが虚しく残されている。

3_e3


 ちなみに以下の画像が完成イメージ図と取り壊される直前の比較である。

حلل وناقش؟الواقع والخيال

Posted by Mehdia Press on Thursday, 17 September 2020
 
 さらに災難なことに、この彫像はケニトラ州メディア市のものなのだが、誤解した人々が、ケニトラ州ケニトラ市にまで多くの苦情が来たようで、ケニトラ市の広報は「この彫像はケニトラ州内にはあるが、ケニトラ市内にはない」と公式にアナウンスしたという。

 というか古代から近代まで、いちもつ的、息子スティック的彫像物はいろいろ見てるけど、これはそこまででもなくない?ぎりぎりセーフじゃない?と思うのは私だけだろうか?私だけなんだとしたら、それはそれで誠に遺憾ですなんだけども。

References:The Sun / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294868.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

ランボルギーニがセグウェイとタッグを組んで大人向けの電動カートを開発
逆にラスボス感を味わえる!光を放ち可変する「スコーピオン・ゲーミングチェア」が登場
一軒家をまるごと編み込んだ「ピンクの家」
もうこれでなくさない!AppleのAirPods紛失防止用おしゃれピアスが予約販売開始(イギリス)
こんなBGMが心に沁みる時もある。ゲーム内で使用されている様々な雨音を集めたYoutube動画

―画像の紹介記事―

屈強な元プロレスラー、停電で開かなくなった電動ゲートをレンガの門扉から素手で剥ぎ取る(アメリカ)
保護されたヤギと歩けないアヒルがベストフレンドに(アメリカ)
クライアントに人気のロゴデザイナー、実はAIだった件(ロシア)
行方不明になった猫と奇跡的に再会した飼い主たちのそれぞれの物語
新型コロナの影響で、慣れないオンライン授業に苦労する世界の子供たち
ぎりぎりセーフじゃない?魚の彫像物が「大きないちもつ」にしか見えないと苦情殺到、完成間近で取り壊される(モロッコ)