RBライプツィヒは22日、クリスタル・パレスからノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年までの5年間で、背番号は19を着用する。

ノルウェー代表でドルトムントのFWアーリング・ハーランドの相棒としても活躍セルロートは、母国ローゼンボリの下部組織出身で2013年7月にトップチーム昇格。その後はフローニンヘンやミッティランを経て、2018年1月にクリスタル・パレスに加入。

イーグルスでは公式戦20試合で1ゴール1アシストと結果を残すことはできなかったが、昨夏に2年間のレンタル移籍で加入したトラブゾンスポルでその才能を完全に開花させると、公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。

今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがチェルシーへ移籍し、チェコ代表FWパトリック・シック(現レバークーゼン)をローマレンタルバックしたライプツィヒ2019-20シーズンブンデスリーガでは2人合わせて38ゴールを記録しており、得点力の減少を避けるためにもストライカーの確保が急務となっていた。

なお、ドイツキッカー』が伝えるところによれば、移籍金は2000ユーロ(約24億6000万円)+最大200万ユーロ(約2億4600万円)の出来高ボーナスに加え、将来的な移籍金の10%がクリスタル・パレストラブゾンスポルに入る契約となっているようだ。

サムネイル画像