【明治安田生命J1リーグ第18節】
2020年9月23日(水)
19:00キックオフ
鹿島アントラーズ(5位/30pt) vs 湘南ベルマーレ(18位/9pt)
[県立カシマサッカースタジアム]

◆上位へ食い込むための7連勝へ【鹿島アントラーズ

前節はセレッソ大阪とのアウェイゲームで1-2と勝利。連勝を「6」に伸ばすことに成功した。

6連勝中には、FC東京名古屋グランパスと上位にも勝利しており、C大阪も下したことで上位ともしっかり戦える本物の強さを手にした自信も感じられたはずだ。

しっかりとメンバーを入れ替えながらも白星を積み上げている鹿島。今節はMF三竿健斗が出場停止となるものの、代役が予想されるMF永木亮太もこの間に試合に出場しており、コンディション面、試合勘も問題ないはずだ。

さらに土居聖真も負傷しており、出場は難しいと見られる。攻守の要を欠く事になりそうだが、チームとして1試合1試合積み上げてきたものには自信を持っているはず。この6連勝がブラフではなかったと示す良いチャンスだ。

相手の湘南は最下位で苦しい状況。しっかりとここで叩き、上位進出への足場を固めたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:沖悠哉
DF:小泉慶、犬飼智也、関川郁万、永戸勝也
MF:荒木遼太郎、永木亮太、レオ・シルバ、和泉竜司
FW:ファンアラーノ、エヴェラウド
監督アントニオカルロス・ザーゴ
出場停止:三竿健斗

◆裏天王山で完敗、試練の時【湘南ベルマーレ

前節は最下位の清水エスパルスと対戦したものの0-3で完敗。“裏天王山”で敗れ、最下位に転落した。消化試合数が違うとはいえ、再び一番下に位置した湘南。降格がないシーズンとはいえ、巻き返しを図らなければいけない。

前節は攻め込むシーンもありながら、清水の戦い方に翻弄される事態に。ロングボールを多用され、跳ね返すとセカンドボールを拾われるという戦いを強いられた。後手を踏む戦い方では結果が出ないのも仕方ない。

3戦無敗と徐々に上向きつつあった中での敗戦となれば、選手のメンタル面も大きな影響が出ている事だろう。しっかりとケアをしながらも、連戦を乗り切る必要がある。

今節の相手は鹿島。もともと最下位にいたチームながら、しっかりとチームを作り上げ、気がつけば6連勝で上位争いに参加している。しっかりと戦うことができなければ、再び負の連鎖に入っていってしまう可能性もある。

まずは守備面でしっかりと鹿島を抑えること。そしてアグレッシブに戦って、主導権を渡さないことが求められる。アウェイの鹿島戦は1勝6敗と分が悪いが、払拭できるだろうか。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:谷晃生
DF:岡本拓也、坂圭祐、大野和成
MF:古林将太、金子大毅、石原広教
MF:茨田陽生、齊藤未月
FW:松田天馬、石原直樹
監督:浮嶋敏

サムネイル画像