長すぎる胴体が話題を呼び、一躍有名になった「のびーるたん」こと猫の「シロ」が2020年9月20日に息を引き取った。

海外メディアも相次ぎ報道

飼い主の「みーこ」さんがツイッターで明かした。18歳だったという。

猫の「シロ」は、2004年ネット掲示板ふたば☆ちゃんねる」に投稿された1枚の写真をきっかけとして世界中に愛される猫になった。脇をつかむように抱きかかえられ、重力に従い胴が長くのびた姿が「胴が長すぎる」として注目を集め一躍有名に。日本国内では「のびーるたん」「のび子さん」と呼ばれ親しまれ、その後英語圏の掲示板4chan」に投稿されたことで「Longcat」として海外でも愛された。

長すぎる胴体を活かしたコラージュとして、「のびーるたん」が大気圏を突き抜け宇宙にそびえ立つ姿や、雲の上に顔を覗かせる姿、はたまたラーメンの麺になった画像など、猫コラ画像ブームの火付け役となった。

2020年8月には、フェリシモ猫部から「胴が長すぎる猫『のびーるたん』とコラボ!なが~い白猫タオル」として公式グッズが発売されている。

ネットミームの猫として世界中で愛されたのびーるたんの訃報に「画像見るたびに笑える猫ちゃんだったなあ」「天国で存分にのびてほしい」、海外からも「Rest In Peace, Long Cat...(安らかに眠れ)」とのびーるたんを追悼するコメントが届いている。のびーるたんが花に囲まれてのびているイラストや、コラ画像とともにのびーるたんを偲ぶ投稿も見られる。

英インディペンデントなど、複数の海外メディアもその「訃報」を伝えた。

フェリシモ猫部ブログより