複雑な歴史的な背景から、日中間で「反日」「反中」的な報道や言説を耳にすることは少なくない。とはいえ、これまで日本に旅行に赴く中国人は多く、日本から帰ってくれば口々に「また行きたい」と言うようだ。では、中国人をひきつけてやまない日本の魅力とは一体何か。20日付の記事で中国メディア百度が答えている

 まず、一つ目の魅力は日本の景色。富士山や桜、北海道の景色はどれも観光客の心をつかんでいる。さらに、日本の古い寺院や建物は唐代の建築法を今も守っているものもあり、中国の歴史が垣間見えるため、中国人観光客にとっても魅力があるようだ。

 さらに、日本のアニメが好きで、日本に行ってみたいと考える人も多い。特にアニメで見た風景や、景色が実際に見える場所は人気が高く、まるでアニメの中にいるような錯覚を覚えるようだ。実際、コロナの前はアニメの舞台をめぐるツアーなども企画されていた。

 さらに、日本での買い物もやはり魅力的。日本の商品は安くて品質も良く、使いやすい。さらに免税店ではブランド品や化粧品が安い値段で購入できる。今ではネットで日本のものが購入しやすくなっているとは、店頭でいろいろ見くらべられ、良質なサービスを受けられ、本物が買える日本での買い物はやはり魅力的だ。

 最後は、日本人価値観や道徳観。コロナ下で多くの寄付が中国に送られたことは、未だ中国人の記憶に新しい。危機的な状況下で国家間の協力が見られたことで、親日になった中国人も多いようだ。

 コロナが終わりまた多くの人々が海外旅行に出られる日が来るとすれば、また多くの中国人が日本に来ることは間違いない。その時にも、日本が「やっぱり来てよかった」という魅力ある場所であるよう願ってやまない。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)

なんだかんだ言っても 結局日本に行きたい人が多い理由=中国メディア