修繕中の金閣寺が機転を利かせたフォトスポットを設置し、脚光を浴びています。本物は足場で囲まれており全貌が見えない状態ですが、その手前で“なんちゃって金閣寺”が撮れるようになっています。

【その他の画像】Twitterに投稿された金閣寺パネル

 金閣寺では9月1日12月までの間、屋根のふき替え工事を行っています。期間中は舎利殿周辺に足場が組まれシートで覆われます。拝観料を払って参拝できますが、建物全体は見ることができません。

 その代わりとして設置されているのが、2.4×3.6メートルもある金閣寺の大型写真パネル。ただ置かれているのではありません。写真の金閣寺と風景とがぴったり一致するようになっています。ですので「本当ならこちらが見えるはずでした」という写真も撮影できます。

 実際に金閣寺に訪れた人の反応は悲喜こもごも。工事中に落胆する人がいる一方、「おもしろいことになってる」と楽しんでいる人もいるようでした。

公式サイトに掲載された工事の告知