0_e3

津波や洪水から身を守るサバイバルカプセルimage by:survival-capsule

 自然災害はいつ何時やってくるかわからない。ましてや今、我々は気候変動の真っただ中にある。前例のない規模で、突然襲ってくる可能性もある。

 日ごろから身の安全を確保する備えはぜひともしておきたいところだ。

 そこでこの「Survival Capsuleサバイバルカプセル)」だ。赤いボディのポッドが、津波や洪水のような水害からあなたや大切な家族の命を救ってくれることだろう。

―あわせて読みたい―

海外サイトで特集されていた「日本から学ぶ地震対策」
いつ何時何が起こるかわからないから。覚えていて損はない18のサバイバル・ライフハック
2011年の日本の津波が生態系を変えていた!?日本の海岸に生息していた生物が太平洋に大移動(米研究)
コストコがサバイバルに本気をだした。家族4人が1年間食べられる大容量の非常食セットを販売
もし道に迷ったら?スマホなしで未開の場所から抜け出す方法【サバイバル術】

航空機グレードのアルミ製カプセル

 津波研究の世界的権威である米国NOAA PMEL(太平洋海洋環境研究所)元所長のエディバーナード博士監修のもと、熟練の航空機技師によって設計・開発されたボディは、航空機にも適格なグレードのアルミ製。

 災害によって加わる最初の衝撃だけでなく、鋭利な物体の貫通、鈍器の衝突による衝撃、さらには熱や急激な減速といったことから内部の人間を守ってくれる。

capsuleFrame_e

 カプセルサイズは2名から10名までの5種類。2重のハッチを開けば、どこかレーシーな雰囲気を醸し出すシートが置かれており、1人あたり5日間分の食料と水を保管できるスペースがある。自分だけでなく、大切な家族の身を守ることだってできる。

1_e4


災害用可変ソリューション


 カプセルは「災害用の可変ソリューション」であると説明されている。基本的に水に浮くよう設計されているが、万が一、カプセルが沈むようなことがあっても、水深に応じて姿勢を変化させ、中に浸水するようなことはない。

 だが、いくら安全であっても、津波にさらわれてからの漂流生活は孤独で、つらい時間であるはずだ。

 オプション扱いだが、係留用の装備、ソーラーパネル、ドライウダートイレ、照明、サラウンド・オーディオを取り付けることもできるので、いくらかは快適に過ごすことができるだろう。

 BGMを慰みに、あるいはソーラーパネルで充電したスマホで情報を集めながら、暖かく安全なカプセルの中で救助隊の到着を待てばいい。


Ultimate tsunami escape pod survival test

生き残りをかけて

 サバイバルカプセル開発のきっかけは、2004年に発生したスマトラ島沖地震であるという。地震によって高さ10メートルを超える津波がインド洋沿岸部を襲い、それによる死者は22万人を超えている。

 サバイバルカプセルは家庭用を想定した小型サイズから、オフィス・市役所・学校・病院などを想定した大型サイズまで揃っている。あの時、もしもこのカプセルがあれば、津波の犠牲になる人はもっと少なかったに違いないと推測されている。

 2011年NASAが開催したコンテスト「Create the Future」にエントリーして、ベスト10にまで残った実績もある。お値段は2人用で1万3500ドル(約140万円)だそうだ。

 ちなみに日本でも、東邦マーカンタイル株式会社が総販売元となっており、株式会社増田酸素工業所でも取り扱っているようだ。ただし値段は掲載されていなかったので、興味のある人は問い合わせてみると良いと思う。

References:survival-capsule/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294884.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

ノンアルコールの犬用ビール缶を新発売したところ即完売、大ヒット商品に(アメリカ)
ランボルギーニがセグウェイとタッグを組んで大人向けの電動カートを開発
逆にラスボス感を味わえる!光を放ち可変する「スコーピオン・ゲーミングチェア」が登場
オーケストラ指揮者が開発。音楽鑑賞に最適なマスクはてのひら型の耳あてがユニーク(ハンガリー)
もうこれでなくさない!AppleのAirPods紛失防止用おしゃれピアスが予約販売開始(イギリス)

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

針なし注射で痛くないコロナワクチン接種の治験を開始したオーストラリア
クライアントに人気のロゴデザイナー、実はAIだった件(ロシア)
新たなる透視技術。雲や霧で隠されてしまった物体を透視するクレアボヤンス・デバイス(米研究)
また別の電脳化技術が! 脳にチップを入れ視力を回復させるバイオニック・アイ(オーストラリア研究)
ビル・ゲイツ氏、新型コロナワクチンの年内承認は難しい。だが1社にはワンチャンあるかも、と語る(アメリカ)
津波、洪水から身を守る。もしもの時に備えた「サバイバル・カプセル」