(谷町 真珠:在ニューヨーク記者)

JBpressですべての写真や図表を見る

 トランプ大統領の長男ドナルド・トランプジュニア――通称「ドン・ジュニア」――が、米政治の舞台で存在感を増している。

 売りは、父親に引けを取らない過激な保守的な発言だ。11月の米大統領選を前に地方遊説を積極的にこなし、父親の再選をかけた選挙戦で中心的な役割を担う。トランプ家では長年「パパのお気に入り」といえば長女イバンカという構図が定番だったが、政治家トランプの後継としてドン・ジュニアが急浮上している。

地方では父親に劣らぬ集客力

17歳といえば、みんなバカなことをするもんだろう」

 ウィスコンシン州ケノーシャ市で、黒人が警察官に銃撃された事件に対して抗議活動が広がると、近隣州在住の少年が自警団を名乗ってアサルトライフル持って駆けつけ、参加者2人を射殺する事件が起きた。17歳の容疑者が逮捕されると、ドン・ジュニアはこう擁護してみせた。

 ドン・ジュニア、42歳。趣味はハンティングや釣り。銃所持の権利を重視し、銃規制には反対の立場を取る。トランプ家が経営するフロリダ州の高級リゾートクラブマール・ア・ラーゴ」にカムフラージュ柄のハンティングギアに身を包んで出入りする筋金入りのアウトドア派だ。

 4年前、取り残された白人労働者層の不満を原動力に大統領に当選した父親ドナルドだが、地方在住の有権者に取ってドナルドはあくまでも「最高級のスーツに身を包んだ都市部の成功者を代表する存在」だった。だが、ドン・ジュニアは違う。趣味や価値観を同じくする身近な存在として、今や地方の遊説では父親に劣らない集客力を持つ。

 ドン・ジュニアは長年、父親と「距離がある」とみられてきた。父ドナルドが一番目の妻で、ドン・ジュニアの母親であるイヴァナと離婚した際、すでにティーンエイジャーで、幼なかった年下のイバンカや次男エリックと異なり、地元のタブロイド紙を連日にぎわせた両親の泥沼の離婚劇を理解できたからだ。離婚後、1年間は父親とは口を聞かず、母方の祖父とチェコ語で話すほどなついた。父親と同じペンシルバニア大学に進学後も、「ロン」というニックネームで過ごし、「トランプ」や「ドナルド」の名前を避けた生活を送っていたとされる。

 そんな息子に父も冷淡だった。2016年大統領選の選挙戦では、父ドナルドはイバンカを頻繁に同伴し、壇上から「美しく、賢い娘」を何度も絶賛してみせた。当選後、一緒に首都のワシントンに移住したのも、イバンカとその夫ジャレット・クシュナー一家だった。一方で、ドン・ジュニアは、父親が大統領職で留守の間、一族企業の国際事業を運営するという名目だけの肩書をあてがわれた。

危機をチャンスに転換

 その後、さらに父親との関係を危うくするような事態がドン・ジュニアを襲う。ロシア疑惑を担当したモラー特別検察官の捜査で、ドン・ジュニアが疑惑の当事者となってしまったのだ。

 2016年大統領選前に、ライバル候補のヒラリー・クリントン元国務長官に不利な情報を持つとされるロシア弁護士トランプ陣営幹部の面会を仲介したのがドン・ジュニアであったことが判明したのだ。米国では通称「トランプタワー会合」として広く知られた案件だ。ロシアの選挙介入を許した中心人物として「国家の反逆者」との批判も出るなか、父ドナルド氏やその弁護士らは当初「ドン・ジュニアはあまり賢くないから愚かな行動をとってしまった」と弁解するつもりだったと米主力メディアは報じている。

 だが、ドン・ジュニアは、頭の弱い長男の愚行として、トカゲの尻尾きりにあうことを拒んだ。逆に、自ら親トランプ的な論調で知られる米テレビ局FOXニュース」の単独インタビューを受け、疑惑を真っ向から否定してみせたのだ。

 その際の弁舌やテレビ映りが保守層に受けた。その後、ドン・ジュニアは頻繁にFOXニュースの番組に出演するようになり、政治面でのトランプ家のスポークマン的な役割を担うようになっていく。ドン・ジュニアにとって、この危機が転機となった。

恋人と2人でトランプ陣営の中核に

 事業から政治への転向が進む中で、ドン・ジュニアの私生活も大きく変わる。2018年、13年間連れ添い、5人の子供をもうけたセレブ妻と離婚し、FOXニュースの元キャスター弁護士のキンバリー・ギルフォイル氏と交際を始める。多くの共和党トランプ陣営の会合に2人は一緒に参加し、2020年トランプ再選キャンペーンの中核を担うパワーカップルとなっている。

 一方で、女性票の取り込みに一役買うはずだったイバンカが、うまくその役割を担えていないことが判明し、父親の再選キャンペーンでの存在感は薄い。

バイデンは、半世紀に渡りワシントンの泥沼に住み続けたネッシー(怪物)だ」「急進左派的なバイデン大統領になったら、米国経済は冷え込んでしまう」(ドン・ジュニア

社会主義バイデン・ハリス政権が誕生したら、全米がカリフォルニアのようになってしまう」(ギルフォイル)

 8月下旬に開催された米共和党大会にも2人は相次いで登壇し、中道派の民主党候補バイデン氏を社会主義者と決めつけ、カリフォルニアニューヨークなどの都市部は無法地帯化しているといった保守的な演説を繰り広げた。ニューヨーク出身のドン・ジュニアカリフォルニア出身のギルフォイルが、非都市部に住む保守層の代弁者を務めるという不思議な構図が続く。

 11月の米大統領選でトランプが再選されるかどうかは分からない。だが、多くのワシントン情報通が「選挙結果にかかわらず、ドン・ジュニアワシントンにとどまる」と読む。友人らに最近「ニューヨークに戻りたい」と漏らしているとされるイバンカとは対照的だ。

 トランプが万が一敗退したとしても、保守的で排他的なトランプイズムが米国政治から簡単に消えることはないだろう。その継承者の最有力候補はドン・ジュニアだ。トランプ家のなかで、なかなか存在感を見いだせずにもがいていたドン・ジュニアだが、政治に居場所を見つけたようだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  人民解放軍「台湾進攻MV」見せつけ好戦機運を煽る

[関連記事]

嘘連発のトランプ大統領に、科学者が次々蜂起

「習近平の友達」を駐中国大使から降ろすトランプ

トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア(写真:ロイター/アフロ)