ひきこもりのお子さんを抱える家族が「本人(子ども)が働いて収入を得る」ということを考えたとき、真っ先に頭に浮かぶのは「正社員になって自立する」ことだと思います。しかし、それはなかなか難しいのが現実です。ひきこもりのお子さんは正社員になれなければ、親亡き後、生きていくことはできないのでしょうか。

学校やバイト先でいじめの経験

 母親と共に相談に訪れた30代の長女は弱々しい声で切り出しました。

「やっぱり、正社員にならないと生きていけないんじゃないでしょうか…」

 筆者はこう答えました。

「確かに、収入の面では正社員になった方が望ましいでしょう。しかし、親御さんの財産とお子さんの公的年金収入、そして、可能であれば毎月少しずつ貯蓄していくことで親亡き後、お金の見通しが立つケースは多くあります。『正社員になれないから働くことを諦める』というのは、まだ早いかもしれませんよ」

 さらに、筆者は金額の例を出しました。

「月数万円でも将来の見通しは大きく改善します。例えば、月2万円の貯蓄を30年間続けたとすると、2万円×12カ月×30年=720万円。月3万円であれば、1080万円になります。
たとえ、正社員になれず自立が難しくても、生きていく方法はあると思います」

 それでも、母親は不安そうな表情を浮かべました。

「確かにそうかもしれません。でも、長女は少し個性的というか普通とは違う感じで、学校でもアルバイト先でもいじめられてきたんです…」

 確かに、相談の場でも、長女は全体的におっとりとした様子。質問に頑張って答えようとしているものの、言葉がうまく出ず、会話が途切れがちでした。

 母親は続けました。

不登校になった後、何度かアルバイトをしてみたのですが、いずれも長続きしませんでした。原因はいじめ、嫌がらせです。ですから、もう一度働くことができるかどうか…何かよい方法はありませんか?」

 長女もすがるような目を筆者に向けます。

地域若者サポートステーション利用を検討

 筆者は親子に、ある支援機関の話をしました。

「例えば、地域若者サポートステーション(サポステ)を利用する方法もあります。私も何度か見学しましたが、とてもよい雰囲気でしたよ。支援者もお子さんに理解のある人たちでしたし」

 長女がわずかながら興味を示し、母親は身を乗り出すようにして聞いています。

「一体どのような所なのでしょうか? どんなことをしてくれるのですか?」

 筆者はサポステについて大まかに説明しました。

 サポステは厚生労働省委託の支援機関で、支援対象者は15歳から49歳までの人です。就労に向けて全面的にサポートしてくれます。

 まずは、お子さんと担当者が何度も面談をし、お子さんの特性、好きなこと、苦手なこと、興味のあること、やってみたいことなどを丁寧に洗い出していきます。その後、就労訓練や職場見学、職場体験を通して就職を目指します。

 就労訓練では、主にビジネスマナーコミュニケーションの方法を学びます。職場体験では、実際に協力企業に出向き、商品の品出し、荷物の梱包(こんぽう)や発送、調理補助、清掃、パソコンによる簡単なデータ入力などの仕事を体験することができます。実際に仕事をしてみて、自分に合うか試せるのです。

 ここまでの話を聞いて、母親は疑問を口にしました。

「費用はどのくらいかかるのですか? 高いんじゃないでしょうか?」

「臨床心理士による心理カウンセリングなど一部有料のサービスもあるようですが、ほとんどのサービスは無料で受けられますのでご安心ください」

 それを聞いて、母親はほっとした様子を見せました。

 しかし、長女は浮かない顔のままです。不安が払拭(ふっしょく)できないのかもしれません。「最初の一歩を踏み出せれば…」と思った筆者は、長女にこう言いました。

「初回の相談は、親御さんも同席するケースも多いそうです。お一人で行くのが心配なら、お母さまとご一緒に行ってみるものアリですよ」

 しかし、長女の反応はいまひとつでした。

「はあ、そうですか…」

 結局、面談の最後まで、長女の表情は晴れないままでした。

変化していく自分に驚き

 ところが、筆者との面談から数カ月がたった頃、母親からよい知らせがありました。面談後、長女がサポステへ相談に行き、現在はパートで仕事をしているというのです。せっかくなので、その後のいきさつを詳しく聞かせてもらいました。

 きっかけは、筆者との面談から数日がたった頃、長女が母親につぶやいたひと言でした。

「私もサポステで相談してみようかな…でも、1人じゃ不安だし」

 母親はすかさず、「じゃあ、お母さんと一緒に行ってみようか?」と答えたそうです。長女はうなずき、すぐ、サポステに連絡を入れました。

 サポステの人たちは長女を温かく迎え入れてくれました。担当者と面談を重ね、彼女の特性、好きなこと、苦手なこと、やってみたいことなどを時間をかけて共有し、いよいよ職場体験をすることになりました。

 職場体験は長女の希望もあって、ショッピングモールの清掃の仕事になりました。当日は午前7時開始でしたが、期待と不安の入り交じる中、何とか早起きすることができました。清掃道具の使い方も掃除の方法も全く分からなかった長女に対し、同じ清掃フロアを任されているパートの女性が丁寧に教えてくれました。

たまたま、このパートの女性が優しかったのかな?」と筆者は思いましたが、どうやら違ったようです。

 その清掃会社は社長も社員もパートも、すべての人が理解を持って接してくれるとのことです。社長さんの「理解しよう。受け入れよう」という強い姿勢が従業員によい影響を与えているのかもしれません。

 また、黙々と仕事ができる環境が長女の性格にも合っていたようで、「ここならやっていけそうだ」という気持ちが芽生えたようです。

 職場体験は1回のみでしたが、本人の希望で後日採用面接を受け、無事合格。清掃の仕事を担当することになりました。

 話し合いの結果、仕事は週2日から3日、1日3時間勤務から始め、最初はベテランパートの女性と2人で仕事をすることに。そこでも、仕事の段取りを丁寧に教えてもらえたそうです。現在の仕事はフロアの床掃除、自動ドアや看板の拭き掃除、ごみ箱の掃除、トイレの掃除などです。

 もちろん、いいことばかりではありません。汚れがひどいところを掃除するときには「うわ、汚いなあ、嫌だなあ…」と思ってしまうこともあるそうですが、すぐに「ここをきれいにしなきゃ!」という気持ちに切り替え、仕事に集中できるようになりました。

 慣れないうちは時間がかかりましたが、徐々にてきぱきと動けるようになっていったそうで、変化していく自分に驚くとともに、だんだんと自信が芽生えたとのこと。時給は決して高くはありませんが、それでも、初給料をもらった日は心からうれしそうにしていたそうです。

 現在、長女は「働く時間を増やす」「毎月5000円ずつ貯金して旅行に行く」という2つの目標を掲げており、そのことで、さらに仕事への意欲が湧いたそうです。

「以前の娘からは想像もできないくらい前向きになり、親も本人もびっくりしています。今後、どうなるかは分かりませんが、親としては温かく見守っていこうと思っています」

 長女の今を語る母親の声は、本当にうれしそうでした。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー 浜田裕也

正社員しか生きる道はない?