部下を指導をするにあたり、特に判断が難しいとされる指導とパワハラの違い。都内の電機メーカーに勤務する原田匠さん(仮名・33歳)はこの春から、営業部のチームマネージャーに昇格した。4~5月のテレワークを経て6月下旬からようやく出社した今、今年入社した派遣社員に戸惑いを感じているという。

◆部下は女性ばかりでしんどい

「僕はカスタマーサポート派遣社員の管理を担当しているのですが、女性ばかりなのでほとほと手を妬いているんです。彼女達は電話対応が主業なのですが、精神的に病んでしまうことが多いようで……こんなこと言うとモラハラになってしまうのですが、いわゆる『メンヘラちゃん』なんですよね。僕のチームは新人10人の男女編成なのですが、そのうち6人の女子社員がメンヘラちゃん。しかも、全員が揃って出社することはほとんどなく、誰かしら『体調不良』で欠勤や早退を訴えてくるんです……」

 1人でも大変なのに、6人ともなるとさすがに収拾がつかないと頭を抱える原田さん。少し前にもこんなことがあったそうだ。

「午後の1番忙しい時間帯に1人の女子社員が『お腹痛いので帰っていいですか?朝からずっと痛くて痛くて……』と言ってきたんです。理由を聞くと生理痛。生理休暇は申請すれば取れるようになっているのです。だから、体調が悪くなりそうなら最初から欠勤してほしい。こっちは出勤人数でスケジュールを組んでいるのに、なぜ忙しい時間になってから申告するんだと思いました。

 しかも、1人がそうなると他の女子社員も『私も帰りたい……』と言い出す始末。とりあえず最初に早退を訴えた女子社員は帰らせましたが、毎日そんな状態なのでこっちが体調不良になりそう。しかも、この社員はそれから何度も同じ理由で早退するし……」

◆会社がパワハラにビビリすぎ?

 しかし、原田さんがここまで派遣社員に気を遣うのには、理由があるという。

チーム編成を分けた同期の話によると僕のチームは、以前働いていたカスタマーセンターで鬱気味になって転職した派遣社員ばかりだそうです。マネージャーの中で1番、人当たりの良い僕のチームに一括にしたのでキツイ言葉は控えてほしいと言われました。なんでも、その同期が以前管理していた派遣に注意したら翌日無断欠勤をされて上からこっぴどく怒られたと言うんです。上司も派遣先からパワハラで訴えられたくないので必死になるのは分かりますが……」

 他にも、「昨日、残業がんばったから今日は早退していいですか?」と訴える派遣社員など、なかなかのモンスターが揃っているそう。訴えられたくないとはいえ、これでは組織としてどうかとも思う。

◆言葉を間違えると大変なことに…

 そのため、派遣社員と接するときはこんなことを考えるという。

「彼女達と話すときは恋愛シュミレーションゲームのように3つくらいセリフが出てきて、その中から慎重に選ぶようにしているんです。もし選択を誤ったらゲームオーバー

 この前も、忙しいときに『体調不良なので早退したい』と訴えてきたので『帰るのはいいけれど病院に行って診断書もらってきて』と言ってしまったんです。すると翌日、就業前に『オフィスに入りたいんですが、涙が止まらなくて……』と泣きながら電話がかかってきたんです。もはや、『分かった、今日はもう帰っていいから……』としか言うしかありませんでしたね……」

モンスター派遣」には社内でも手を妬いているようで、原田さんは上司からの相談も受けて板挟み状態だという。パワハラに怯えて強く出れない社員VSメンヘラ派遣社員。原田さんの悩みはしばらく尽きなさそうだ……。<取材・文/結城>

―[モンスター新入社員録]―


写真はイメージです